1. まとめトップ

ヴィジュアル系バンドSuGの武瑠がサブカル過ぎる件

ビジュアル系バンドの中では異端児と呼ばれているSuG。個性的なメンバーの中でも武瑠(Vo)は特に変わっているらしい。

更新日: 2015年11月13日

17 お気に入り 176659 view
お気に入り追加

調達にあたってはJ-WAVEの音楽専門ファウンディング「J-CROWD MUSIC」での募集がなされ、映画の一部に携われる権利(エキストラ出演、メイキングカメラを回せる権利、映画のエンドクレジットへの名入れ権など)への出資を募る形で、制作資金の一部として集めている。

映画制作に掛る費用の調達方法もユニーク。

ヴィジュアル系バンドの熱心なファンの女性(バンギャ)を購読対象にしている、音楽色の非常に強い雑誌。パンク・ファッションを中心にロリータ・ファッションなどのサブカル系ファッションからカジュアル系まで幅広く取り扱っている。

ヴィジュアル系アーティストで表紙を飾ったのは 京 (Dir en grey)と武瑠 (SuG)しかいない。

そんなマルチな才能を発揮している武瑠のソロプロジェクトがサブカル過ぎる!!

サイドプロジェクト「浮気者」としても活動している。

もちろん、本当の「浮気」ではありません。

「浮気者」とはさまざまなアーティストに浮気(コラボ)を仕掛けるソロプロジェクト

VOCALOIDオリジナル曲や歌ってみたを中心に、音楽にまつわる作品発表や生放送配信をしている動画投稿者・生放送主・DJである。と、同時にBABYMETALのサウンドプロデューサーも務めている。

そんな「ゆよゆっぺ」が武瑠に楽曲を提供!!

「このような素晴らしいプロジェクトに呼んで頂けると思ってもいなかったのでお話を頂いたとき本当にびっくりしました、、、」(ゆよゆっぺ)

’07年、日本初の“MySpace出身のシンガーソングライター”としてメジャーデビュー。独自の視点から生まれるリリック、ジャンルを超越したサウンドによって高い評価を得る

松平健(『マツケンカレー』)、私立恵比寿中学(『結果オーライ』『大人はわかってくれない』)といったアーティストへ楽曲提供

独特の世界観を持つたむらぱんが武瑠に楽曲を提供

独特の世界観を持つたむらぱんも楽曲を提供

お話を頂いた時は、私にどんな浮気が出来るだろうかとあれこれ想像を巡らせたものです。

出典ototoy.jp

塔山忠臣(唄とソングライター)とJ.M.(唄とモデル)の2人によるユニット。キャッチコピーは「今世紀最大の自意識過剰2人組ユニット。

2008年8月12日に新宿LOFTのステージ上で結成。音源発売前にもかかわらずインディーズサイトaudioleaf試聴ランキング2位、mF247ダウンロード数BEST3に入る。

オルタナティブ・ロックを基本に、パンク・ヒップホップ・フォーク・ニューウェーヴ・レゲエ・ダブ・歌謡曲・フォークといったあらゆるジャンルがミックスされた音楽性と皮肉と衝動が入り混じった歌詞が特徴。

ヴィジュアル系にかすりもしない0.8秒と衝撃。も楽曲を提供

今回0.8秒と衝撃。が書き下ろした「愛の妙理」はパンク、ヒップホップ、エレクトロなどの要素を盛り込んだ楽曲。

依頼が来た時、カッコ悪いコトに参加するなら受けたくない。(0.8秒と衝撃。 塔山忠臣)

作業でやり取りをすると直感的に僕の曲をとらえてくれ、とてもスムーズに進行するコトが出来ました。

フォトグラファー。『egg (エッグ)』『アウフォト』『smart girls (スマートガールズ)』など、90年代以降の東京カルチャーシーンを象徴する雑誌を創刊してきた仕掛人

1 2 3