1. まとめトップ

PL学園存続の危機!今年の受験生がたった“28人”の衝撃…

PL学園の監督不在問題。野球部員の募集停止から4か月、入試にも影響し受験生が28人だったことが分かった。野球部の廃部という危機なのだが、定員75人の少なさに、全生徒が約300人しかいない事実を知ってこの高校事態の経営の苦しさも見えてきた…

更新日: 2015年02月16日

0 お気に入り 17333 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

a8oさん

野球部員募集停止から4か月…

4か月経った現在も進展なし
完全に廃部になるのか。

名門・PL学園野球部が突然、「部員募集停止」を発表してから4か月が過ぎた

あの騒動から4か月かぁ…

2月10日入学試験会場

2月10日、大阪府富田林市にあるPL学園高校の入学試験会場は閑散としていたという。

宗教と野球のイメージで野球が無くなったら、宗教色しか残らないからね。それ以外の魅力がない場合、当然志願者は減る。シビアだね。

付属中学からの内部進学者を除く今年度の受験者は、国公立コースと理文選修コースを合わせた定員75人に対し、わずか28人(専願は20人)にとどまった

ここ数年の倍率はどうだったんだろう…
それにしても店員75名って全校生徒300人って名前が全国区なわりに学校自体はそれほど大きくないことに驚き!
全盛期は相当な数だったろうけど…

とりわけ定員割れした理文選修コースの0.23倍という競争倍率(定員65人に15人の受験者)は、大阪府内の共学私立としては最低の数字

生徒数
男子175名 女子126名(2013年4月現在)
1年 54名 38名
2年 62名 39名
3年 59名 49名

これで学校経営大丈夫なのか?

学校関係者

学校関係者からは「数年後には学園がつぶれてしまうことを危惧しています」といった声まで

少子化の影響は確実に出てくる…

PL学園

中学校・高等学校ともに、大半の生徒が寮生活を送っている。

パーフェクト リバティー教団は「人生は芸術である」という教義を掲げている。そのため自己表現を重視することが奨励され、野球を始めとしたスポーツにも力が入れられている。

PL学園野球部

輝かしい実績を誇るPL学園の裏には部員による 「いじめ」 で死者まで出ている
名門と名のつく野球部はいじめ、虐待、奴隷制度がどこも蔓延っている

1986年には、いじめによる死亡事故

かなり前とはいえ死人が出ているのか!

1997年には、上級生が暴力を加えて重傷

一歩間違っていたらまた死んでたな…

2001年には日常的に上級生が下級生をバットで殴るなどのいじめが原因とされる暴行事件

バットで殴るってまた酷いもんだな、しかも日常的ってヤバいだろ

藤原弘介監督(当時)が辞任

2008年も暴力事件が起こり、藤原弘介監督(当時)が辞任

暴力事件でやっと監督が辞任

河野有道が復帰したが、2011年には部員の部内暴力と喫煙

2001年に問題お来た時の監督がまた就任ってこれは改善されるわけがない

2013年2月23日午後10時頃、2年生4人が、1年生1人を寮内にて殴る、蹴るの暴行

河野有道監督 退任し、4月16日付でPL教団職員に異動

2013年秋大会から常勤の監督が不在という状況が長期化
公式戦では野球未経験の校長が登録上の監督に就任

2014年大阪大会では決勝とか準決勝まで行くからすごい

後継監督候補

学校・教団側はかねてから野球部OBの多くが卒業後には教団への信仰から距離を置いていることに不満

野球部のOBは教団にはまったく寄付しなかったってことだな!

野球部OBが監督に就任する条件の1つとして教団への熱心な信仰を求めているが、学校・教団側の要望に該当する野球部OBがいない

野球部に寄付はあっても、教団への寄付は皆無だったんだな!

1 2