1. まとめトップ

【最新】失敗しない!パソコン選びのポイントとおすすめ機種

どんなパソコンを選んでいいかわからない、そんなあなたに、パソコンの選び方をご説明します。初心者にお勧めのパソコンもご紹介します。

更新日: 2018年03月30日

363 お気に入り 1801540 view
お気に入り追加

安心の日本メーカー ・・・ 東芝ダイレクト
高性能&低価格 ・・・ DELL 個人TOP ( 個人様向け_スマホ用 )
東京生産で安価 ・・・ HP Directplus -HP公式オンラインストア-
安価な台湾メーカー ・・・ ASUS 公式オンラインショップ

サポートを重視 して選ぶのであれば、以下のメーカーが最適だと思います。

いま初心者におすすめのノートパソコン

OSとは、パソコンを動かすためのベースとなる
ソフトで、3~4年毎に新しソフトが発表されます。

最近では、新しい「機能」というよりサポート期間
をメインに買い替えをPRしている印象があります。

2015年に秋には、Window8の後継OSからとして
Windows10が発表されます。

Lenovo YOGA 710 80V6000XJP

液晶サイズ:11.6インチ CPU:Core i5 7Y54(Kaby Lake)/1.2GHz/2コア CPUスコア:3301 ストレージ容量:SSD:256GB メモリ容量:8GB OS:Windows 10 Home 64bit

ideapad 310 80TV01D2JP

液晶サイズ:15.6インチ CPU:Core i5 7200U(Kaby Lake)/2.5GHz/2コア CPUスコア:4729 ストレージ容量:SSD:128GB メモリ容量:4GB OS:Windows 10 Home 64bit

2017年初心者におすすめのノートパソコン

商品価格 ¥ 123,680
家でパソコンを使った作業がしたい方におすすめのノートパソコン。デスクトップと遜色ないスペックを持っているため、作業はサクサク。OSは、64bit版のWindows 10が搭載されています。

32bit版の場合、ノートパソコンのメモリを4GBまでしか使用できませんが、64bit版のため、フルにメモリを使用することが可能です。

商品価格 ¥ 53,799
360度回転ヒンジを採用したノートパソコン。ディスプレイと本体の接続部分に、独自の回転ヒンジを採用。使う用途や環境に合わせて、自由にスタイルチェンジできます。約9時間使えるロングバッテリーを搭載しているので、室内での使用はもちろん、電源のない外出先でも快適に使えます。

ディスプレイには、直感的な操作が行えるタッチパネルを採用。マウスがなくても快適な操作が行えますよ。

商品価格 ¥ 69,980
便利なソフトウェアがセットになったノートパソコンです。手軽に年賀状が作れる筆ぐるめや、簡単に音楽の保存ができるPower2GOなどのソフトウェアがあらかじめインストールされています。初心者の方でも、これ1台でいろいろな使い方ができちゃいます。

Microsoft Office Home & Business Premiumも搭載しているのもおすすめのポイント。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも快適に使えます。

商品価格 ¥ 133,000
DVDよりもきれいな映像が楽しめるブルーレイドライブを搭載したノートパソコン。お気に入りの映画を高画質で視聴できます。インターフェイスにHDMIポートを搭載しており、自宅のテレビと繋げて大画面で楽しめます。

CPUにはCore i7 6500U、ストレージには、256GB SSDを採用。スペックにも優れているので、ゲームや処理の重い作業サクサク楽しみたい方にもおすすめですよ。

一般的に、このあたりの製品を選んでおけば間違いないというのを、国内大手メーカーの製品から3機種を選択しました。

NEC LaVie Note Standard NS750

価格帯:¥168,478~¥247,262
発売日:2015年 1月22日

LaVie Note Standardシリーズは、NECの一般的なノートパソコンシリーズです。 このシリーズには性能別に何種類か用意されていますが、性能と価格のバランスを考えるとNS750が一般的な用途には適しています。 数年間問題なく利用できる性能で、タッチパネルにも対応しており、普通にノートパソコンを使うなら十分の性能です。高画質の液晶画面、YAMAHAのサウンドシステムを搭載しているため、Blu-rayやDVD、ネット動画の試聴のような用途でも満足できるでしょう。

富士通 FMV-LIFEBOK AH53

価格帯:¥109,800~¥126,700
発売日:2013年10月18日

富士通の普通に使うパソコンとしては、FMV-LIFEBOOK AHから選ぶ事になるでしょう。一般的な用途用のAHシリーズは機能別に大きく分けてハイスペックとベーシックの2種類あります。 この中で選ぶなら、ベーシックのAH53か、ハイスペックのAH77のどちらかがを選べば問題ないでしょう。 予算に余裕があり、より余裕を持った性能、日本製の高品質を望む場合はハイスペックのAH77が適していますが、AH53も必要十分な性能となっています。

東芝 dynabook T75

価格帯:¥107,797~¥205,798
発売日:2014年10月17日

東芝の普通に使うノートパソコンとしては、dynabook T75がおすすめです。タッチパネル付きモデルが欲しい場合はT85が適していますが、タッチパネルが必要ない場合はT75も十分な性能となっています。 東芝製品の特徴としては外部の4Kモニターに対応していることがあげられます。静止画やネット動画が4Kに対応していれば、大画面TVに4Kの高画質で表示も可能です。 一般的なノートパソコンの性能も問題なく、スタイリッシュな筐体を複数のカラーから選択可能となっています。

製品の性能は、世代毎の基本性能、タッチパネルのありなしで機能に差があります。 それぞれ機種毎に差はありますが、特に違いが出るのはタッチパネルのあり・なしなので、今回紹介している製品をベースに自分に必要な物を選んでください。
内蔵ソフト、サポートについてもメーカー毎に差はありますが、国内大手のメーカー品はこの分野でも充実しているのでおすすめです。

1 2