1. まとめトップ

自由猟って何だろう自由猟の方法、注意点、狩猟禁止の場所など

自由猟についてまとめました自由猟を行う際はよく調べ安全に気を付けてください

更新日: 2015年02月18日

6 お気に入り 5002 view
お気に入り追加

法定猟法以外の猟法(自由猟法)は狩猟免許の対象ではない。具体的には素手での捕獲、鷹狩、スリングショットなどが該当する。

スリングショットというのは上の画像のパチンコのこと

鷹狩(たかがり)は、鷹などの鳥を使った狩猟の一種。鷹野とも言う。タカ科のイヌワシ、オオタカ、ハイタカ、およびハヤブサ科のハヤブサ等を訓練し、鳥類やウサギなどの小動物を捕らえさせ、餌とすりかえる。あるじの元に運んでくるというのは俗信である。

こうして鷹を扱う人間は、鷹匠(たかじょう)と呼ばれる。日本語の古語においては鳥狩/鷹田(とがり)、放鷹、鷹野などとも称する。また、鷹を訓練する場所は鷹場(たかば)と称される。

スリングショットとは、Y字型の棹をはじめとする枠構造にゴム紐を張ってあり、弾とゴム紐を一緒につまんで引っ張り手を離すと、弾が飛んでいく仕組みの道具。武器や猟具(→狩猟)の一種で、玩具としての簡易なものはパチンコとも呼ばれる。

スリングショットは、牽引されたゴム紐に蓄えられた弾性エネルギーの大部分を、弾の運動エネルギーに変換し発射する。用途や求められる威力によって様々な形状があり、玩具としての簡易なものでは前述の通りY字型の棹の上両端にゴムを結わえ付け、その中央に弾を保持する構造を持っているが、強い牽引力でも安定して支えられるよう、手首側に支えがある強力なものも製品として出回っている。最近では弾を持つところに磁石がついていて、複数の小さな弾(散弾)を発射できる工夫が施されたものもある。

弾は必要十分な重さと程よい大きさであればよく、手頃な石などのほかドングリなど木の実、製品としては鉛など金属球なども見られる。なお壁面や岩など硬い的への衝突時に粉々に砕けて離れた場所からでも命中箇所が確認しやすいものも販売されている。

スリングショットによる猟は鳥獣保護法では規定されておらず、狩猟免許を必要としない自由猟具を用いた猟に分類される。狩猟免許を必要としないとはいえ、狩猟法に則って、猟期・猟場・狩猟対象の動物の種類や数などについて法令を順守する必要があり、一定の知識と良識ある行動を求められる。

対人用の武器として使用された例もある(昭和天皇パチンコ狙撃事件など)。

禁止猟法、自由猟でもこれは守らないといけない

ア 狩猟鳥獣の保護に支障を及ぼすことから、使用が禁止されている方法

・ユキウサギ及びノウサギ以外の対象狩猟鳥獣の捕獲等をするため、
 はり網を使用する方法(人が操作することによってはり網を動かして捕獲等をする方法を除く。)
・口径の長さが10番の銃器またはこれより口径の長い銃器を使用する方法。
・飛行中の飛行機若しくは運行中の自動車又は5ノット以上の速力で運航中のモーターボートの上から銃器を使用する方法
・構造の一部として3発以上の実包を装てんすることができる弾倉のある散弾銃を使用する方法
・装薬銃であるライフル銃(ヒグマ、ツキノワグマ、イノシシ及びニホンジカにあっては、
 口径の長さが5.9ミリメートル以下のライフル銃に限る。)を使用する方法。
・空気散弾銃を使用する方法
・わな(ヒグマ及びツキノワグマにあっては、おし、はこわな及びくくりわなに限り、
 その他の獣類にあっては、おしに限る。)を使用する方法。
・とらばさみであって、鋸歯のあるもの又は開いた状態における内径の最大長が12センチメートル以上のものを使用する方法

イ 危険防止等を目的として、使用が禁止されている猟法

 爆発物、劇薬、毒薬、据銃、落とし穴(陥穽)、危険なわなを使用する方法(法第36条、規則第45条)。
 これらの危険猟法で鳥獣を捕獲しようとする場合は、環境大臣の許可を受ける必要がある。
 ※危険なわなとは、イノシシを宙吊りにできるようなくくりわななどである。

狩猟鳥獣(獲っていい生き物)

鳥類(28種)
 ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、
 ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、
 ウズラ、ヤマドリ、キジ、コジュケイ、バン、ヤマシギ、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、
 ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

獣類(20種)
 タヌキ、キツネ、ノイヌ、ノネコ、テン(オス)、イタチ(オス)、チョウセニタチ、ミンク、アナグマ、
 アライグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ハクビシン、イノシシ、ニホンジカ、タイワンリス、
 シマリス、ヌートリアユキウサギ、ノウサギ、

狩猟狩猟鳥獣と間違えやすい非狩猟鳥獣
 ニホンザル、イタチ(メス)、ドバド、ニホンリス、モモンガ、オオバン

一日に獲っていい数

以下の鳥獣は一日の上限が決められています。
マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、オヨビクロガモ、合計して5羽
エゾライチョウ2羽
ウズラ5羽
ヤマドリ及びキジ合計して2羽
コジュケイ5羽
バン4羽
ヤマシギ及びタシギ合計して5羽
キジバト10羽
ニホンジカ 1頭

狩猟禁止の場所

・鳥獣保護区 (鳥獣の保護繁殖を図る場所)
・休猟区 (狩猟鳥獣の生息数の回復を図る場所)
・公道 (人や車などが往来する場所。農道や林道も含む)
・区域が明示された都市公園等 (人が集まる場所)
・社寺境内・墓地 (神聖さや尊厳を保持すべき場所)
・自然公園の特別保護地区・原生自然環境保全地域 (保護を図る場所)

狩猟禁止ではないけれど確認とかが必要な場所。

・銃猟禁止区域 (無免許の自由猟具者には関係ない。)
・土地所有者の承諾 (囲いや柵のある土地、作物のある土地では所有者の許可が必要。)
・国有林 (入林手続きが必要となる場合がある。)

1





権兵衛0221さん

主に相撲、将棋、レシピ、人気の出来事、ゲーム、アニメなんかをまとめているよ。
《お気に入りよろしくお願いします》