1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

qutaqutaさん

チェスボクシングって?

知力を競うチェスと体力を競うボクシング、そのふたつを融合させた異色の競技がチェスボクシング!

オランダ人アーティストが生み出したチェスボクシング。
最も思考が要求される競技と最も闘争的なスポーツとしう、両極端な概念のコンビネーション。

極端と極端を行き来する瞬発力が問われます。

そのルールは?

どうやって行うのか想像ができませんが……。

チェスボクシングの試合は、チェスとボクシングを交互に行うことによって進められる。最初はチェスのラウンドから始まり、最大11ラウンドまで続けられる。

同時じゃなくて交互に行うんですね。

チェスは1ラウンド4分間であり、ボクシングは1ラウンド2分間である。それぞれのラウンドの間には、1分間の休憩がとられる。

休憩は一分! シビアです。

チェスの持ち時間は12分であり、これが切れると負けとなる。持ち時間切れのほかボクシングでのノックアウトまたはチェスでのチェックメイト、審判の決定によって試合は終了する。

長考もできない。

テレビで触れられ話題に

テレビでチェスボクシングのことが紹介されると、その異様な響きに注目が集まる。

チェスボクシングなんてあるのか 羽生森内でやってもらいたい

最も知力と体力のバランスがいい人物を決めるために生み出されたチェスボクシング。 最も過酷なスポーツが何かを議論した結果に生み出されたのがトライアスロン。 最も戦闘能力が優れた人物を決めるために生み出されたのが近代ペンタスロン。 全部それなりの理由ありき。

どこからこんな発想が・・・

奇想天外な競技の元となったのは?

チェスボクシングは1992年にコミック作家のエンキ・ビラルによって構想された。この構想はビラルの『冷たい赤道』という作品の中で詳細に描かれている。

確かにコミックのような発想ですもんね。

ビラルの作品をヒントとしてオランダ人芸術家のイップ・ルービング(Iepe Rubingh)は2003年に世界チェスボクシング機構(WCBO、World Chess Boxing Organisation)を立ち上げ、第1回世界選手権を開催した。

まだ歴史の新しい競技。

バンドデシネ作家、エンキ・ビラル氏

競技の由来となった『冷たい赤道』の表紙。
確かにチェス柄のグローブを付けている。

ビラル氏のバンドデシネ。

退廃的な世界観です。

1