1. まとめトップ

【遊戯王デッキ集】遊戯王の強いデッキ・中堅デッキ達 まとめ【復帰勢・困ったときに】

遊戯王 おすすめデッキ 今でもフリーで結構楽しめる”強い・楽しい”デッキなどをまとめてみました。中堅デッキや大会出場デッキなど、とにかく強いデッキが欲しい&現環境で使えるデッキなど楽しく遊べるデッキなど多数です。2016年の現環境デッキEMシャドール・ネクロス・クリフォート・AF系追加デッキなど追加

更新日: 2018年10月29日

37 お気に入り 3441153 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

遊戯王カードのデッキ集はこちらから!

久しぶりに遊戯王に戻ろう・・・でもデッキは何を作ればいいか分からないよという人や、取り合えずなにか作ってみたいという人の為にデッキの特徴をまとめてみました。基本的に強いデッキ(多少プレイングあり)もあるので、イラストや絵柄等で選んだり強さや能力など身内の環境等に合わせて見てくればいいと思います。

はじめに

遊戯王を始めるにいたって最初に考えることはデッキではなく、資産とエクストラデッキの買える枚数を把握しておく事です。
例えば、ブラックマジシャンデッキを作ろうと思ったとき、必然的に星7のエクシーズモンスターが必要になるかもしれません。また、環境デッキではそれなりに必須カードは決まっていて、
ラヴァルバル・チェイン・ヴェルズビュート・鳥銃士カステル等が必須になってきます。

このようなモンスターは実質値段が高く、(再録されている場合もあります)2000円前後の場合もおあるのでその部分も考えなくてはなりません。また、融合カードやシンクロカードはウルトラレアというレアリティになることが多く、そこでもまたお金がかかります。

最近では、ギャラクシーサイクロンや《幽鬼うさぎ》などでしょうか。値段は2015年現在3000円近くになっています。もしこの様なカードが買えないという人は必然的に安く組めるテーマで組むのがいいでしょう。
エクシーズが必須ではないデッキとしては【クリフォート】などP召喚内ではそれ以外のカードを特殊召喚できないので、比較的安く組めます(それ以外が高い時があります)
また、サイバードラゴンや青眼・HEROなどの【ストラクチャーデッキ】での構築をメインにして組むというのもコツです。
ストラクチャーデッキは3つで構築できるのですが、価格的にいうと3000円。結構安く、さらに必要なカードも説明書に書いてある事が多く参考になります。後は汎用的な罠や魔法なども入っていることが多いのでそれも使いやすく、それで決めてしまうのもアリかもしれません。
最近では死者蘇生のカードも入っていることが多く、非常に汎用性あるカードが入っているので無駄がありません。その代わり1種類だけという事もあるのですが・・・。
【奈落の落とし穴】や【サイクロン】等のどのデッキでも取り合えず入れて損は無いカードが非常に多いです。そういったカードを一緒に手に入れるという意味では遊戯王はストラクチャーを買う事が一番なのかもしれません。

とりあえず遊戯王で勝ちたいひとへ。

遊戯王の勝負で勝つには3種類の方法があります。それは
・デッキの単純なパワーでごり押しで倒す
・戦略とマストカウンター
・相手のデッキをメタって封殺する
の3つです。運はあくまでも運なので除外しました(先行取れるかも運です)。
その中で自分が何を回してて楽しいかという事を大事にしてください。いわゆる≪パーミッション≫が好きなのか、≪ビートダウン≫の楽しさを見出しているのかはたまた≪エクゾディア≫などの特殊勝利条件がすきなのか。
是非沢山デッキを回して楽しいデッキを見つけられることを願っています。

遊戯王に久しぶりに戻ったら環境が全然わからない人へ。

このページをみてる人の中には、遊戯王を久しぶりに楽しもうという人も多いのでは無いでしょうか?現在遊戯王では、過去のカードの強化を図る動きが非常に増えています。
例えば、遊戯王初期のメンバーのデッキはほぼ強化されてますし、ブルーアイズに至ってはストラクチャーになったりもしてました。また、専用のパック等の発売も多くなりました。なので、これからのデッキカテゴリーは強化されることが非常に多くなるかと思います。

最近では、ストラクチャーデッキが強くなっている傾向が強く、リメイク傾向があり、復帰する際には非常に役に立つ内容だと思います。HEROのストラクチャーデッキは、遊戯王Gxの主人公の使うテーマ(漫画傾向があるような)もありましたし、シンクロのストラクチャーデッキも登場し、多様な効果やメタビートなどの動きも様々。
でもとりあえずヒーローストラクは3つ買えという声もありますがw

― 堕天使 ― ・・・・ ブルジョワデッキの再来?ブースターで組める機体の星。

― ABCドラゴンバスター ― ・・・・ 海馬のデッキ第二弾!6月ストラクの風が吹く!?

海馬ストラクチャーで有名なABCユニオンデッキ。元はxyzからのカードの追加モンスターという面で軽く見られていたユニオンカード。

しかし、一方で墓地に居ても何故か出せるというABC独自の強さが非常に注目されていった事と《シルバー・ガジェット》《ゴールド・ガジェット》等の元々機械族である面の評価が強い事から今回環境に入ってきたという感じもします。そんなABCドラゴン・バスターデッキの回し方と強みについて確認してみようと思う。

果たして何が強いのだろうか?

― ブルーアイズ ― ・・・ EMの影に隠れた実力発揮。ついに初代が環境に来るか!?

ブルーアイズ/Blue-Eyes †
 Vジャンプ(2016年1月号) 付属カードでカテゴリ化された「ブルーアイズ」と名のついたモンスター群。
 属するモンスターはドラゴン族で統一されており、《Sin 青眼の白龍》以外は光属性である。
 また、メインデッキに入るモンスターは《青眼の光龍》以外がレベル8である。

― 彼岸 ―  ダンテ強すぎィ!!ランク3で、悪魔族が大量に墓地で効果を発動!!

【彼岸】彼岸デッキの特徴&こんな人にオススメ

彼岸は悪魔族のなかでもランク3に特化したデッキです。
中でもダンテや幻影騎士団などを組み合わせて、混合デッキにすることで強さを増すことも出来るとても個人のデッキ構築が光るデッキです。
今でも、SRなどを組み合わせたデッキ構築は非常に面白く、強さと共に感動させるデッキが組めるのがいいところですね。

― EM竜剣士 ― 主人公デッキのエンタメイト!ラスターPと合わせて大量召喚で規制待ったなし!!?・・・結果規制されました。

・大会で優勝したい人。
・ペンデュラム召喚を使いたい人。
EMはペンデュラムデッキで、EmヒグルミやラスターPなどの組み合わせで一気に環境トップにまで躍り出たデッキ。
効果のアドバンテージのとり方が半端無いので、環境的には非常に強さを発揮します。当然効果も優秀なので一部のカードの値段がえげつないことにまでなっています。

― 魔術師 ―  主人公デッキがまさか?の大活躍!!ペンデュラムデッキで何でも出せる魅力と汎用性の高さもすごい!

・とりあえずストラクチャーでデッキを組んでみたい。
・ペンデュラムデッキで安いのが組みたい人

魔術師デッキは、マスターオブペンデュラムというストラクチャーデッキで本格的に組めるようになり、2から8のスケールで何でも出せるようになったのが特徴。
さらに魔術師専用サーチや、効果などで相手を圧倒できるのが特徴です。今まででは、魔術師の効果がピーキーな物が多かったのですが、今では大会で優勝経験がある実力派デッキに変わりました。

― 帝 ― ストラクチャーRで超絶強化!影を潜めるものの、効果は堅実に削る!!

・アドバンス召喚などが非常に懐かしい人。
・やっぱり帝が好きな世代の人
・エクストラなどを作る必要が無いデッキを使いたい人。

帝はその名のとおり、除外低などで有名だったあの帝デッキです。今ではストラクチャーデッキの登場で一気に変わりました。

デッキ構築も非常に重要ですが、帝王魔法罠の採用により結構絞られているのが痛いところ。その分シナジーや効果についても優秀なので、ストラク3つである程度組めるのがいいところですね。

遊戯王 初心者にお勧めデッキ まとめ

【融合主体】
シャドール・・・白黒やAF(アーティファクト)等既存のカードに合わせたで戦いたい人向きのデッキ。最近は制限で落ち着いてきている。
【アドバンス召喚・ペンデュラム召喚主体】
クリフォート・・・最近話題のペンデュラム召喚がメイン?で戦えるデッキ。クリフォートツール等のサーチで簡単に行えるお手軽さが魅力。
【儀式主体】
影霊衣(ネクロス)・・・儀式でモンスターが手札で使い道が無いというデメリットを捨て去ったカテゴリー。
【エクシーズ主体】
テラナイト・・・パーミッション寄りの防御で少しずつアドを稼いでいく堅実なデッキ。トライヴェールやレベル4モンスターを並べるのに特化している。

― シャドール ― ネフィリムが禁止になってしまいましたがまだまだ現役!

・融合が好きな人&融合素材が結構アド損だと嘆く人。
・カードを伏せたり、トリッキーな動きがしたい人。
・相手の特殊召喚のカードを封殺したい等。
・資産にある程度の余裕がある人(採用カードによる。)
基本的にシャドールは効果で墓地に送られると効果を発動できるタイプのカードです。また、属性で融合できるタイプも変わるので様々なモンスターを入れるなどの工夫が必要になります。なので、マスマティシャンや超電磁タートルなどのカードを採用する場合があります。また、派生系としてシャドールセフィラ・AFシャドール・白黒シャドールなどがあります。

1 2 3 4 5