日本での婚約指輪の歴史は浅く、1960年頃から結納品の一つとして贈られるようになったと言われています。
1970年代頃にダイアモンドジュエリーを中心に展開している“デ・ビアス社”がキャンペーンで流したCMがきっかけとされています。

出典婚約指輪はいつの時代から始まった?

そのころから、“給料の3カ月分”がキャッチコピーになり、常識になったようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

教えて!【今どきの婚約指輪(エンゲージリング)事情】

給料3か月分の婚約指輪を。。。なんてもう古い!今どきの相場って?婚約指輪購入時、店舗を見るだけじゃもったいない!ネットでも安心でハイクオリティなものがリーズナブルに手に入る時代に。。。今どきの結婚指輪(エンゲージリング)の事情をまとめてみました!

このまとめを見る