1. まとめトップ

【医療事故】2歳児死亡!東京女子医大に対し、両親が告訴状提出 =鎮静剤多量投与=

2歳の男の子が死亡した医療事故(東京女子医大)に対して、両親が告訴状を提出したと報道されています。使用してはいけない鎮静剤が多量に投与された他、データ集めのために多量に投与した疑いがあるとのことです。

更新日: 2016年05月27日

tbizさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 26387 view
お気に入り追加

■2歳児が死亡した医療事故について(東京女子医大)

・両親が告訴状を提出

警視庁に傷害致死の疑いで告訴状を提出したのは、東京女子医大病院の医療事故で当時2歳の長男を亡くした両親です。

1年前、東京女子医大病院で、当時2歳の男の子が鎮静剤を大量に投与され死亡した医療事故で、医師らが故意に鎮静剤を大量投与した疑いがあるとして、両親が警視庁に対し、傷害致死容疑で告訴状を提出しました。

「多量投与の検証がほとんどされていない」(父親)
 「何が悪かったのかを学んでほしい。息子がかわいそうすぎると思う」 (母親)

・どんな事故?大量の鎮静剤が投与された

プロポフォールの主な用途は医療分野における鎮静薬としての使用である。プロポフォールの持つ中枢神経抑制作用を利用し全身麻酔の導入、維持に用いられる。

投与経路は点滴からの静脈内注入である。

小児に対する使用法は確立していない。

wikipedia

当時2歳の男の子が東京女子医大病院で首にできた小さな膨らみを治す手術を受けた後、人工呼吸器中の子どもへの使用が原則禁止されている鎮静剤「プロポフォール」を投与され、死亡したものです。

男の子には4日にわたって、大人の限界量の2.7倍にあたる7000ミリ近い大量のプロポフォールが投与されていました。

2014年2月、東京女子医大病院で頸部リンパ管腫の摘出手術を受けた2歳男児が、3日後の2月21日に急性循環不全で死亡した。術後投与されたプロポフォールが原因だった可能性があり、東京都は病院への立ち入り調査を実施、警視庁は業務上過失致死容疑で捜査し、証言により、成人用量あたりのOD(過量)での使用が確定した。

女子医大、調査報告書を警視庁に 医療事故で提出、波紋も - 47NEWS(よんななニュース) 47news.jp/CN/201502/CN20…  Mジャクソンが死んだのもプロポフォール、子供には禁忌だったのに大量投与していた、、

#マイケル・ジャクソンも同じ薬を投与された

マイケル・ジャクソン - プロポフォールの過剰投与による副作用が原因で急性中毒による呼吸不全および心不全を起こし、ERの甲斐なく50歳で死に至った。

プロポフォールね。 Michael Jacksonにも投与された麻酔薬よね。 小児には禁忌になってるのに投与するってどういうことよ。 こんな医者がいるなんて唖然とするわ。

・医療事故の真相は深い

第三者調査委員会がまとめた報告書を同病院が警視庁に任意で提出していたことが18日、関係者への取材で分かった。

女子医大病院幹部は「任意提出しなければ強制的に押収される。その方がダメージは大きく、協力すべきだと考えた」としている。

"「プロポフォール」は海外で子どもの死亡事例があることから日本では子どもへの使用が原則禁じられている/なぜ大量のプロポフォールを投与したのかは書かれていない/麻酔の投与に関係した医師ら、調査委員会の聞き取りに対し「他の医師に聞いて」" exci.to/1yZgHts

■データ集めのために故意に投与した疑いがある

・多量の投与に合理的な理由が見いだせない

事故をめぐっては、警視庁がすでに業務上過失致死の疑いで医師から事情を聴くなど、捜査を進めています。

1 2





お役に立てるように頑張ります。
・玉井詩織が描いた似顔絵
http://urx.nu/aseh 
・有安杏果 GIF動画集
http://urx.nu/asel