1. まとめトップ

【相棒】ドラマ「相棒」実はこんな役者さんが出演していました!

2000年に土曜ワイド劇場で始まったドラマ「相棒」2002年10月よりシーズン1が始まり現在シーズン13まで放送中(2015年現在)長い歴史の中で今活躍する俳優さんの子役時代・若手時代などをまとめてみました。#相棒 #ドラマ相棒 #相棒に出演した役者

更新日: 2016年05月07日

biyou73さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 57447 view
お気に入り追加

【子役時に出演!今は大人の俳優の仲間入り】

染谷将太さん

2002年11月6日放送 シーズン1・第5話「目撃者」
出演時 10歳

頭の良いが可愛げのない、こまっしゃくれた小学生・手塚守役

大好きな恭子先生(美保純)のために平良先生を殺してしまいます。

少年法のこと等も詳しく知っていて罪の意識も無いなか
亀山さんに無理矢理連れていかれ、
拘置所の連続殺人鬼で死刑囚の朝倉(生瀬勝久)に面会し、
罪の重さに気づき大泣きして子供らしさを取り戻します。

須賀健太さん

2003年12月10日放送 シーズン2・第9話「少年と金貨」
出演時 9歳

コインコレクターから金貨を盗んだ小田島の義理の息子・雅彦役

逃げ回る小田島(入江雅人)に置いていかれてしまい亀山さんが面倒をみます。

常について周り一緒に捜査したりしてますが
義父が恋しいのか似てる人をみつけて思わず「父ちゃん!」と
抱きつくシーンは涙が出ます。
健気な雅彦役がとても合っていてましたね。

加藤清史郎さん

2013年3月13日放送 シーズン11・第18話「BIRTHDAY」
出演時 11歳

12歳の誕生日に事件に巻き込まれる隼人役

病気で12歳まで発症しなければ大丈夫という為
この日は隼人の両親にとっても隼人にとっても大事な日です。

隼人は母の為に近所のおばあちゃん、瀬田恵美子(左時枝)に
ハンドクリーム作りを教わっている時に事件に巻き込まれます。

親の思いや、犯人と瀬田恵美子の絡みなど
いろんな思いが相まって不思議な感じでしたね。

ちなみに隼人の幼年期を実弟の加藤憲史郎くんが演じていました。
いやあ~似てますね。

【実力俳優の無名・若かりし頃の出演!】

桐谷健太さん

2006年1月16日放送 シーズン4・第13話「最後の着信」
出演時 25歳

警察に覚せい剤の情報を教える“S”の脇幸太郎役

坊主頭に関西弁でとっても印象に残りましたね。
すぐに殺されてしまう役でしたが・・・

木村多江さん

2004年1月28日放送 シーズン2・第14話「氷女」
出演時 33歳

派閥争いでセクハラの疑いを掛かられ自殺した夫の復讐をする妻・貴和子役

木村さんのイメージでもあった「幸薄い」役そのままな感じでした。
薄い感じの雰囲気の中にも復讐心だけは強くある、そんな印象の役でした。

斎藤工さん

2012年1月1日放送 シーズン10・第10話 正月SP「ピエロ」
~オペラ公演中にバスジャック誘拐道化師が微笑む夜に、最悪の事件が始まる~
出演時 30歳

ピエロでキッズクラブの子供達をバスに誘導し監禁する犯人・速水智也役

目的は子供ではなく派遣の仕事で来ていた平野亮太という若者の祖父が
経営する警備会社の現金輸送車を強奪するのが最終目的でした。

お正月SPなので話も二転三転し、結局1番斎藤工さん演じる速水が
悪者だったのですが彼もまたココロの闇があり、
それを押し殺している演技はとても良かったです。。

正名僕蔵さん

2005年1月19日放送 シーズン3・第11話「ありふれた殺人」~時効成立後に真犯人自首!?~
出演時 34歳

1 2





biyou73さん