1. まとめトップ

【PS2】 PS2おすすめ名作ゲームまとめ

PS2は名作・良作がとても多く、そんなゲームも最近では中古で比較的安く購入できるようになりました。今だからこそ昔の名作を遊んでみませんか?実際遊んでみて面白かったゲームをまとめました。随時更新中!

更新日: 2016年05月21日

nyarucoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
130 お気に入り 1383500 view
お気に入り追加

発売日: 2004年11月27日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

ドラゴンクエストシリーズの第8作。スクウェア・エニックスとして初めてのドラゴンクエスト本編の新作でもある。レベルファイブは本作と次作『IX』の開発を担当した。日本で発売されたPlayStation 2用ゲームソフトでは最多の出荷本数を記録した。日本国内では370万本(アルティメットヒッツ版込み)、全世界も含めると490万本で、シリーズでは『IX』に次ぐ出荷数を記録している。キャッチコピーは「見渡す限りの世界がある」

発売日: 2004年3月25日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

本作で最も変化しているのは、最新の技術で描かれるグラフィック。フィールドだけでなく、モンスターなどのキャラクターも3D化されており、プレイのしやすさに加えてゲーム世界の迫力やモンスターたちのユニークな動きを再現することに成功している。丸みを帯びた地平線で実感できる世界の広さや、戦闘中に眠ったり逃げ出したりするモンスターのアニメーションがゲームを盛り上げてくれるだろう。シリーズ初のNHK交響楽団演奏となるオーケストラ音楽をゲームに採用している点にも注目したい。

発売日: 2001年3月22日
メーカー: ナムコ
ジャンル: RPG

本作は新たな舞台「ルーナティア」で、「クロノア」「ロロ」「ポプカ」が大冒険を繰り広げるアクションゲーム。フルポリゴンの世界をクロノアが駆け抜けるのだが、3Dポリゴンにありがちな無機質な感じではなく暖かい色合いと雰囲気を持ったグラフィックになっているのが好印象。見かけは3Dだが、ゲーム性は2D感覚のシンプルな操作感なので、特にACTゲームが3D化されてゲンナリしていた苦手な人にも楽しく遊ぶことができる。

発売日: 2007年1月18日
メーカー: セガ
ジャンル: RPG

シャイニングシリーズお馴染みの「多種多様な種族が共存する剣と魔法の物語」をベースに、『ネオ』のバトルシステムと育成システムを踏襲。移動と戦闘が画 面切り替えなしで進行するリアルタイムアクションRPG部分のテンポと、細かく刻んでいけるプレイヤーの育成や武器の強化といった部分の奥深さは健在で す!さらに今回は、新キャラクターと新シナリオで新たなるシャイニングワールドが展開。

発売日: 2005年3月24日
メーカー: セガ
ジャンル: RPG

人間と獣人が共に暮らす世界を舞台に、群れなす敵をなぎ倒す戦略性と爽快感が同時に体験できる正統派ファンタジーRPG。 主人公は武器の持ち替えで4つの職業を自在に使い分けることができ、さらに主人公の持つ「フォースフレーム」を強化すると新しい能力を開発。 また、それぞれ個性的な思考を持つパーティキャラの選択で戦略性とやりこみ度が無限に広がる。

発売日: 2007年10月25日
メーカー: ガスト・バンプレスト
ジャンル: RPG

主人公の少年と詩で強大な力を生み出す"レーヴァテイル"の少女が、信頼の力で世界崩壊の危機に立ち向かうRPG。"信頼"というキーワードは戦闘にも活かされており、心のつながりがシステムとして表現されている。
レーヴァテイルや詩魔法が存在することは変わらないが、前作で登場した「ソル・シエール」とは異なる新たな世界「メタ・ファルス」が舞台である。しかしながら、「メタ・ファルス」も「ソル・シエール」と同じ星に存在するため、一部前作のキャラクターも登場する。

発売日: 2002年4月25日
メーカー: アイレムソフトウェアエンジニアリング
ジャンル: アクションアドベンチャー

海上に構築された架空の人工島都市「首都島」を舞台に、地震によって崩壊した都市から脱出することを目的としたアクションアドベンチャーゲームで、次々と地震で崩れていく建物や街を、道具などを駆使して探索しながらゲームを進行させる。

発売日: 2006年3月30日
メーカー: アイレムソフトウェアエンジニアリング
ジャンル: アクションアドベンチャー

前作『絶体絶命都市』から5年後の、2010年12月の設定。前作は地震によって水没する人工島からの脱出がテーマだったが、本作では集中豪雨による河川の堤防決壊によって水没が始まった地下都市からの脱出がテーマとなる。前作に比較し、大幅にスケールアップされ、ゲームシステムにも新しく意欲的な試みが多く見られる。また、前作の登場人物も複数登場している。

発売日: 2005年10月27日
メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル: アクションアドベンチャー

高い完成度で話題となった『ICO』の制作チームによるA・AVG
亡くなった少女を生き返らせるため、主人公のワンダは愛馬アグロと共に巨像たちに挑むことになる。幻想的なストーリー、シームレスに構成された広大フィールド"古えの地"、ワンダの何倍もある巨像たちとの戦いなど、今までに感じたことのない感動を本作で味わおう。

発売日: 2007年5月17日
メーカー: アトラス
ジャンル: RPG

手描き調の絵本のような幻想的な絵柄が特徴。「五つの災厄」によって滅びるという予言の残る地を舞台に、5人の主人公の物語が紡がれる。その名の通り、登場人物や世界観は北欧神話と指輪物語を参考にしている。
6つの物語に分かれており、物語ごとに主人公が異なる。RPGだがアクション要素が強く、横スクロールバトルで各ラウンドをクリアしていく。

発売日: 2002年11月14日
メーカー: カプコン
ジャンル: RPG

巨大な「災い」によって地表は瘴気(しょうき)にあふれ、もはや人間が住める場所ではなくなった。人々は生き残るために地下深く潜り、長い年月のあいだ、陽の当たらない生活を余儀なくされる。主人公リュウは、能力が低い人間たちに任せられる仕事のひとつ、下層地域の警備を勤める下っ端のサードレンジャー。
ある事件をキッカケにニーナという不思議な女の子を助けたことで、リュウの新しい物語が始まっていくことになる。

発売日: 2005年12月1日
メーカー: カプコン
ジャンル: アクションアドベンチャー

臨場感溢れ、興奮度も倍増となる、プレイヤーの背後からのカメラアングル『ビハインドカメラ』の採用や、状況にあわせてボタンひとつで簡単に様々なアクションが繰り出せる『ワンボタンアクション』システム、思い通りの箇所にピンポンとで『狙い撃ち』、状況により巧みに戦術を変えられるなどの新要素を加えてフルモデルチェンジ。本編クリア後の隠し要素として、ミニゲーム「マーセナリーズ」や「エイダ・ザ・スパイ」、さらに隠しコスチューム等も充実している。

発売日: 2003年11月6日
メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル: アドベンチャー

舞台となる羽生蛇(ハニュウダ)村では、川や海、すべての水が血のように赤く染まっている。やがて海から鳴り響くサイレンに誘われるかのように、人々は海に向かい、屍人(しびと)と化していく。屍人になった不死身の人々と、また自分が屍人となる恐怖と戦う。武器らしい武器もなく、立ち向かうすべもわからず恐怖に震え上がる人間の心理を、リアルなビジュアルによってまるで羽生蛇村に自分がいるかのように体感できる。

発売日: 2006年2月9日
メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル: アドベンチャー

「SIREN」の続編。日本近海の孤島・夜見島(やみじま)を舞台にした3Dアクションホラーゲーム。海底ケーブル切断を契機に、突如として島民全員が失踪した事件から29年。深夜0時にサイレンは再び島を覆い、惨劇の夜が蘇る。
基本的なゲーム性や「視界ジャック」などのシステムは本作にも引き継がれており、敵となる存在は屍人に加えて「屍霊」「闇霊」「闇人」が登場。

発売日: 2004年2月19日
メーカー: アルゼ
ジャンル: RPG

前作の半年後、フランス北部の小さな村「ドンレミ村」から始まる。1915年、第一次世界大戦勃発後という設定にオカルティックで幻想的な雰囲気をブレンドした独特の世界観は健在で、ヨーロッパから極東へと駆け巡る壮大な物語を楽しむことになる。
ボタンを押すタイミングが攻撃や魔法の効果を決定する「ジャッジメントリング」システムを採用しており、さらに「コンビネーション攻撃」という要素が加わったことで、より戦闘の戦略性と緊張感を生み出すことに成功している。

発売日: 2001年6月28日
メーカー: アルゼ
ジャンル: RPG

舞台は1913年および1914年の中華民国及びヨーロッパ各地で、マルガリータ・G・ツェル、ロジャー・ベーコン、川島芳子など、実在の人物がモデルとなっているキャラクターも登場するが、あくまでモデルとして使われているだけで、史実通りではない。
キャッチフレーズは「運命の輪「ジャッジメントリング」が回る時、闇に葬られたもうひとつの歴史が動き出す。」

発売日: 2001年7月19日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

ザナルカンドでFF10の世界でメジャーな球技、ブリッツボールのエースとして活躍するティーダは、試合中に現れた『シン』によって、異世界であるスピラへと飛ばされてしまう。そこでは自分の生きてきた世界とはまるで違うところであり、強大なる力を持つ魔物『シン』におびえていた。
そこでティーダは、その『シン』を倒すもの、召喚士ユウナと出会い共感し、彼女らと共に『シン』を倒す旅へと出る。

発売日: 2006年3月16日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

ファイナルファンタジーシリーズ本編の12作目。
システムの面ではFF11を踏襲しており、360度フル3Dフィールドを実現している。また、フィールドと戦闘が一体化したアクティブディメンションバトル(ADB)が新たに採用された。

発売日: 2005年12月22日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

基本的なシステムは第1作『キングダム ハーツ』を基に、カメラワークの変更や新システムの導入など全体的にブラッシュアップされている。これにより第1作とは趣の変わった戦闘が出来るようになり、戦略の幅が広がった。戦闘以外にも、第1作ではセーブポイントでしか変えられなかったパーティメンバーをどこでも変更出来るようになったり、ダンジョンが単純化(それに伴いジャンプアクションも減少)、ワールド間の移動「グミシップ」がよりシューティングゲームらしくなっているなど、様々な変更点がある。

発売日: 2007年3月29日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

北米版をベースに追加要素を盛りこんだ英語音声版『キングダム ハーツII ファイナル ミックス』と、GBAで発売された『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』の3Dリメイク『キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ』の2枚組で発売されたゲームである。

発売日: 2006年4月20日
メーカー: カプコン
ジャンル: アクション・アドベンチャー

美しい大自然を取り戻す。
それが神である主人公「アマテラス」の目的です。
和紙や筆といった日本画のような暖かみで表現される、美しい情景に心癒される大冒険。

発売日: 2003年9月11日
メーカー: スクウェア・エニックス
ジャンル: RPG

主人公カイムとその契約者レッドドラゴン、そして旅の仲間の契約者達を操作して物語を進行させる。主人公後方の視点から3DCGによって描かれたフィールドを移動しながら、マップを埋め尽くす敵軍を殺戮していく。仲間は自動的には戦闘に参加せず、主人公が騎乗したり主人公と入れ替わったりすることで全てプレイヤーの操作で使用する形となるので、実質的には一対多の戦いとなる。

発売日: 2002年10月31日
メーカー: エニックス
ジャンル: RPG

舞台はとある南国の島。家族旅行を楽しんでいたトルネコ一家に災難が降りかかるところから物語は始まる。船旅の中、嵐に巻き込まれなんとか助かったトルネコたち。しかし、トルネコの最愛の息子、「ポポロ」は気絶したまま深い眠りに落ちそのまま覚めることがなかった… トルネコは息子ポポロを救うという目的のため冒険へと旅立つ。

発売日: 2008年7月11日
メーカー: アトラス
ジャンル: RPG

主人公と仲間たちは、現役の高校生。異世界に干渉する能力、心の力"ペルソナ"を身につけた彼らは、昼間は学園生活、放課後はバイト、部活、友人との付き合いをこなしつつ、事件の解明と異世界の謎の究明の為、不可思議な迷宮での戦いに挑んでいくことになります。もちろん物語は完全新作。明るい学園生活と、町で起こる殺人事件の闇。今までRPGというジャンルが扱ってこなかった、ミステリーの味わいをもつ奥深いシナリオが展開します。

発売日: 2004年1月29日
メーカー: アトラス
ジャンル: RPG

異世界「ボルテクス界」の真実を知る「車椅子の老紳士」に「メノラー」の奪還を依頼されたプレイヤーは、アマラ深界の地下深く潜り悪魔と戦いながら、次第に本編では語られなかった数々の真実に開眼してゆく。本編では人間側の視点で書かれていた物語に悪魔側の視点を盛り込んだシナリオになっており、同じくメノラーを手に入れようと主人公の行く手を阻む「死」の象徴「魔人」の存在がストーリーのカギとなる。

発売日: 2001年12月13日
メーカー: テクモ
ジャンル: アドベンチャー

行方不明になった兄を捜すため、廃屋と化した氷室邸に潜入した雛菊深紅(ひなぎくみく)に、その屋敷に住む悪霊たちが襲いかかる。深紅にはもともと霊能力があり、他人には見えないものが見えてしまったりしてしまう。そして、深紅は「射影機」といわれるカメラで悪霊たちを封印していくのだ。屋敷の中には悪霊のほかにも、いろいろな仕掛けが施されていて、深紅の行く手を阻む。謎を解く際もそのカメラを使って道を切り開いて行かなくてはならない。

発売日: 2003年11月27日
メーカー: テクモ
ジャンル: アドベンチャー

射影機と呼ばれるカメラを使い、撮影することで霊の魂を閉じこめて戦うアクションホラーアドベンチャー。双子の姉妹が「地図から消えた村」に迷い込み、そこに棲む霊達との間でさまざまな事件が明らかになる。
射影機(カメラ)をのぞくとファインダーにはキャプチャーサークルと呼ばれる円が見える。その円の中に霊をとどめてシャッターを押すことで、霊にダメージを与えることができる。

発売日: 2007年11月22日
メーカー: テクモ
ジャンル: アドベンチャー

黒澤怜はフリーのカメラマンである。ある日、彼女は取材の為に「死者に会える家」という噂のある朽ちた廃屋を訪れる。そこで雪の降りしきる巨大邸宅の白昼夢を見た。そこにいたのは彼女が起こした交通事故により亡くした恋人の麻生優雨であった。
その日から彼女の眠りは不気味な夢に侵されていく…。

発売日: 2003年2月13日
メーカー: ナムコ
ジャンル: RPG

本作は、従来のRPGのように経験を積むほどに能力が高まるのではなく、年齢と才能で能力が決定される。主人公であるプレイヤーさえも、年をとると急激に能力が衰えるという、シビアなシステムとなっている。強い騎士団を維持するためには、仲間を若いうちに引き入れ、積極的に世代交代を繰り返そう。

発売日: 2002年11月28日
メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル: RPG

主人公のユリスは、生まれ育ったパームブリングスの町からすぐにも飛び出したいと思っている冒険心おう盛な少年。ある日、アラトミアという不思議な石に導かれ、100年後の未来からやってきた少女・モニカとの出会いを果たす。ふたりは世界を救うために冒険の旅に出るのだった…。

1 2 3





nyarucoさん