戻値 = EXEC(exe名, [同期フラグ, X, Y, 幅, 高さ] )
exe名・・・起動したいアプリ名
同期フラグ・・・FALSE:待たない(デフォルト)、TRUE:そのアプリが終了するまで待つ
X、Y、幅・・・起動アプリの位置や幅を制御

戻値
起動したアプリのウィンドウのID

出典EXEC | UWSC コバヤシ式

あぁ、メモ帳がまず起動できていなかったのね・・・

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【UWSC】UWSC 超入門編 面倒な同じ作業を自動化!

面倒な作業を楽にこなしたい人は是非!

このまとめを見る