1. まとめトップ

【保存版!!】名古屋のライブハウスまとめ

ライブハウスのスケジュールリンク・キャパシティと共にまとめました。リンク先からイベント情報を確認できます。おまかな地域でライブハウスを分けました。全体マップを付け加えました。随時更新予定。

更新日: 2019年04月21日

17 お気に入り 167134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wilkinsons20さん

■全体マップ

名古屋ライブハウスの全体マップです。

名古屋駅から東側一帯、
横方向に広がっています。

以下、一覧です。()内がキャパシティ。

名古屋駅・新栄・栄 伏見・大津 上前津・鶴舞 のざっくり5エリアで分けました。

リンク先からイベント情報を確認できます。

■名古屋駅 周辺

http://hall.zepp.co.jp/nagoya/schedule.html

Zepp Nagoyaは、名古屋市中村区にあり、主に音楽ライブ・イベントを開催している名古屋のライブハウスの代名詞として知られる。東海地区最大級のライブハウスで、収容人数はスタンディング時で1,792人、椅子使用時で741人。各線名古屋駅から徒歩10分という好立地にあり、インディーズからメジャーまで様々なアーティストを中心にライブを行う。

http://uree.jp/schedule/

いつでもオープンマイクスタイルのライブバーです。ライブやイベント開催時以外は、いつでもフリーでステージをご利用いただけます。演奏される方も、聴く方も、近い距離で一体感のあるライブ・セッションを楽しみながら、ご飲食いただけます。お店に置いてあるギター、電子ピアノ、カホンなどの楽器は、無料でご利用いただけますので、会社帰りなど、楽器をもたずにふらっと立ち寄っていただいても、演奏することができます。

■新栄 周辺

http://diamond.sflag.co.jp/index.html

「ダイアモンドホール」の改称前は「CLUB DIAMOND HALL(クラブダイアモンドホール)」、それ以前は「フレックスホール」、前身の雲竜ビル開館当初には「雲竜ホール」という名称だった。
2005年にZepp Nagoyaがオープンするまでは、名古屋のライブハウスでは収容人数が最大規模であった。
プロレスの興行も開かれており、大日本プロレスで名物となっている蛍光灯デスマッチも可能である。

http://apollo.sflag.co.jp/schedule.html

ダイアモンドホールの系列店。ダイアモンドホールは1992年オープン、アポロシアターは2010年で10周年を迎えるようなので、2000年オープンか。

http://daytrive.com/?page_id=36

大迫力のサウンドでライブを楽しみながらFREEDRINK&FOODが付いて心もお腹も満たせる最高のライブ&クラブスペース!ホールレンタル代金無し!
ブッキングのノルマも無し!(飲食代必要)
天井高くてステージ広くてカッコいい!
2Fロフトにゆったり空間!
大画面での映像投影も可能!
名古屋新栄唯一無二のとびきり自由空間!!
ライブイベント以外の特殊なイベントも親切丁寧なスタッフが安心の対応!!

■栄・伏見 周辺

http://www.club-quattro.com/nagoya/schedule/

名古屋クラブクアトロは名古屋市中区にあり、パルコが運営するライブハウスCLUB QUATTROのひとつ。1989年にオープンし、1988年にオープンした渋谷クラブクアトロに次いで誕生。名古屋パルコの東館8階にあり、収容人数は550人。若手ミュージシャンを中心に、国内外アーティストのライブが行われている。

■大須・上前津 周辺

http://www.ell.co.jp/liveinfo/fitsallliveschedule-new/

Electric Lady Landの3Fにある。
中堅バンドのツアーによく利用されます。

http://www.ell.co.jp/liveinfo/ellliveschedule-new/

ビルの1階にあるE.L.L.で一番大きなライブハウス。
ステージから後方に向かって数段の段差があり、後方からでも比較的ステージが見やすい構造になっている。
2階は吹き抜けになっており、有料ロッカーやトイレがある。また2階にも客室があるが一般客は入ることが出来ず、関係者専用となっている。
収容人数は旧E.L.L.の倍以上の約600人。

■千種・池下・今池 周辺

http://www.club-upset.com/top.htm
駅から近く、程よい大きさのほどよいハウス。

■鶴舞 周辺

http://kdjapon.jimdo.com/

高架下のハウス。
食べ物のメニューも充実していて食べながらライブに参加する楽しみ方もアリ。

1 2