1. まとめトップ

映画【ソロモンの偽証】後編『裁判』公開!キャストあらすじ予告編見どころ相関図ネタバレなし!

2015年公開目前!映画「ソロモンの偽証」が10倍楽しくなる事前情報・キャスト情報のまとめです。ネタバレなしですのでご安心ください♪小説を読んだ方は復習に、読んでいない方は予習に…ぜひぜひ映画公開まで「お気に入り」に入れておいてくださいね~☆

更新日: 2015年04月13日

0 お気に入り 53677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

onedream1008さん

公式HP

原作者

1960年生まれ。東京都出身。
東京都立墨田川高校卒業。
法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。
【代表作】
1992年 「龍は眠る」「本所深川ふしぎ草紙」
1993年 「火車」
1997年 「蒲生邸事件」
1999年 「理由」
2001年 「模倣犯」
2007年 「名もなき毒」
2008年 英訳版『BRAVE STORY』
2012年「ソロモンの偽証」

この10年、私はずっとこの作品の中に「留年」していました。
やっと卒業です。
うれしいけれど、寂しい。
自分のうしろで ゆっくりと
門が閉じてゆくのを
見つめているような気持ちです。

あらすじ

その法廷は十四歳の死で始まり偽証で完結した。五年ぶりの現代ミステリー巨編!

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が、やがて主役に躍り出る。新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者が一人、また一人。気づけば中学校は死を賭けたゲームの盤上にあった。死体は何を仕掛けたのか。真意を知っているのは誰!?

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。そして犠牲者が一人、また一人。学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。

期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン! もう大人たちに任せておけない――。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した……。

騒動の渦中にいるくせに僕たちは何も知ろうといなかった。けど、彼女は起ちあがった。校舎を覆う悪意を拭い去ろう。裁判でしか真実は見えてこない!彼女の覚悟は僕たちを揺さぶり、学校側の壁が崩れ始めた…気がつけば、走り出していた。不安と圧力の中、教師を敵に回して―他校から名乗りを上げた弁護人。その手捌きに僕たちは戦慄した。彼は史上最強の中学生か、それともダビデの使徒か―。開廷の迫る中で浮上した第三の影、そしてまたしても犠牲者が…僕たちはこの裁判を守れるのか!?

この裁判は仕組まれていた!? 最後の証人の登場に呆然となる法廷。驚天動地の完結篇! その証人はおずおずと証言台に立った。瞬間、真夏の法廷は沸騰し、やがて深い沈黙が支配していった。事件を覆う封印が次々と解かれてゆく。告発状の主も、クリスマスの雪道を駆け抜けた謎の少年も、死を賭けたゲームの囚われ人だったのだ。見えざる手がこの裁判を操っていたのだとすれば……。驚愕と感動の評決が、今下る!

事件の封印が次々と解かれていく。私たちは真実に一歩ずつ近づいているはずだ。けれど、何かがおかしい。とんでもないところへ誘き寄せられているのではないか。もしかしたら、この裁判は最初から全て、仕組まれていた―?一方、陪審員たちの間では、ある人物への不信感が募っていた。そして、最終日。最後の証人を召喚した時、私たちの法廷の、骨組みそのものが瓦解した。

映画化

ベストセラー作家・宮部みゆきの最高傑作とも謳われるミステリー巨編『ソロモンの偽証』を、日本アカデミー賞ほか数々の映画賞に輝く成島出監督をはじめとする『八日目の蟬』チームが再結集し、完全映画化!

作品の舞台は中学校。中学生を演じる33人は、1万人にも及ぶ候補者の中からオーディションで選ばれた。

「デジタル全盛の時代ですが、14歳という大人でも子供でもない微妙な年齢の、ゆれる心情や繊細な部分をどうしても表現したくて、今回はフィルムで撮りました。レンズもアナモレンズという昔の映画でよく使った いわゆるシネマスコープですね。アナモレンズで撮ると画面が奇妙に歪むんです。普段みなさんが見ている一般的な35mmレンズには出せない不思議なピントの合い方があって、これはDVDで見てもわからないんです。この微妙な感じはスクリーンじゃないと伝わらない。スクリーンで見てもらうこと大前提で作った映画です。ぜひ映画館に足を運んでいただきたいです」

「宮部みゆきさんの集大成にして最高傑作、と言われる程の長編小説を、無謀にも2部作で映画化するに当たり、私も監督としてこれまでのキャリアで培ってきた全てを注ぎ込まねば勝てない、という覚悟で挑んでおり、キャストにも同様のコミットを求めています。今回集ってくれた俳優達は皆主演級の人気・実力を兼ね備えているだけでなく、私の強い思いを受け止める器があり、決して諦めない強靭さを持ち、常に最良の結果を残すことができる、まさに日本映画界が誇るプロ中のプロであり、これ以上望むべくもない最強のキャスティングが出来たと自負しています」

予告編

登場人物

生年月日 2000年2月2日 現役の中学3年生。
出身 神奈川県
兄弟 ひとりっ子
趣味 読書、映画鑑賞、編み物
好きな教科 体育
身長 160センチ
血液型 B

生年月日:2000年10月25日
出身地:東京都
趣味:映画鑑賞、ゲーム、読書
特技:サッカー(5歳から)、水泳(1歳~8年間)、マラソン

生年月日
1999年6月9日(15歳)
出生地
東京都
身長
165 cm
職業
俳優
ジャンル
テレビドラマ、映画
著名な家族
清水尚弥(兄)
事務所
トヨタオフィス

石井 杏奈(いしい あんな、1998年7月11日 - )は、日本の女優、ダンサー、ファッションモデル。E-girls のメンバー。東京都出身。LDH所属。

小学5年生の時にダンスの大会でスカウトされる]。
2010年、雑誌『ニコ☆プチ』のモデルとしてデビュー。
2011年、「VOCAL BATTLE AUDITION 3」のダンスパフォーマンス部門に合格し、bunny、E-girls のメンバーとなる。
2012年、日本テレビ系ドラマ『私立バカレア高校』で女優デビュー。

芸名・本名:前田航基(まえだ こうき)
職業:俳優、タレント、お笑い芸人
生年月日:1998年12月13日(15歳)
出身地:大阪府
身長:126cm(2007年時点)
現在の身長は公表されていませんでした。
体重:28kg(2007年時点)
血液型:O型
趣味・特技:日本舞踊・乗馬
事務所:松竹エンタテインメント

2000年生まれ。
2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」で平資盛の幼少時代を演じる。

1 2 3