1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

8.
薬の効果を上げる

錠剤や飲み薬の有効成分には、腸で吸収されるものが多い。しかし腸に到達する前に、胃酸である程度破壊されてしまうのだ。テキーラは胃酸の分泌を抑制し、薬がきちんと身体に働きかける手助けをする。
09.
糖尿病になりにくい

一般的なお酒には糖分が多く含まれている。ビールなどがその代表例。しかし、テキーラに含まれる糖分は非常に少ないため、かなりの愛飲家でも比較的、糖尿病になりにくいと言われている。
10.
脂肪を吸収しにくい

テキーラの生みの親は、ハツカネズミ?
片手の親指の付け根あたりに塩をひとつまみのせ、その塩をなめてから、レモンあるいはライムの果汁をすすり、もう一方の手にある冷えたテキーラをグイッと飲む。この一風変わった飲み方が伝統的といわれるメキシコの火酒テキーラは、竜舌蘭の樹液が原料となる。 メキシコでは竜舌蘭をアガベ(あるいはマゲイ)と呼んでいるがこのアガベの樹液を発酵させた”プルケ”という名の酒は、遠くトルテカ、アステカ文明のころから土着の人々の飲まれてきたもの。現在でも、メキシコ・シティ周辺の中央高地地帯で、地酒として広く愛飲されている。 このプルケについては、面白い伝説が残っている。およそ1000年も昔のこと、ハツカネズミが竜舌蘭をかじっているのを見た通りすがりの人が、そのネズミのあとを追っていって巣穴にたどりつくと、中に黄金色の光る液体が貯えられているのを発見。なめてみると、これがたいへんに甘く美味であった。さっそく、あちこちの巣穴から黄金色の液体を集めて発酵させたところ、極上の酒になったので王に献上してみた。これを飲んだ王は非常に喜んで、この酒を人の手でつくるよう命じたというのだ。

1