1. まとめトップ

【観覧注意】 人間奇形・奇病 ~人体の不思議

刺激が強い画像が含まれております。随時更新

更新日: 2015年02月27日

14 お気に入り 54319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aisitara4deさん

19世紀ごろは当時では見世物小屋(サーカス)があり。上流階級者の娯楽となっていた商売があり、そこで障害がありながらもたくましく働いていた方々もあわせて紹介いたします。

アフリカ人の少女
肌にもとの肌の色とは逆の白い斑点がでる症状。
ヒョウ女として働いたそうです。

ルース・デイヴィス
手足の一部がくっついた症状を持つあざらし肢症の女性

出典tocana.jp

寄生性ニ殿体
1868年、アメリカのテネシー州生まれ子供の時から芸人として働き、のちに結婚もされ子供も出産されているそうです。小さい足と大きい足たちがセットではなく長い足と短い足で1セットだったそうで、女性器も2つあったそうです。生涯に8人もお子さんを生んでおりうち4人は幼くして亡くなっているようです。

有名になる前から結婚されておりお子さんもいらっしゃったそうです。

皮膚が伸びすぎて脱臼しまくっていたそうです。ツライ・・。

フィーリックス(1858~不明
皮膚のコラーゲン繊維の形成機構の異常により引き男コザれるエラースダンロス症候群と呼ばれる奇病だそうです。

多毛症だといわれています。子供のころからチンパンジーのハーフという位置づけでサーカスで働いていたそうです。

ファニー・ミリス(1860~1899)
先端巨大症の女性
足のサイズは44センチあったそうです。

現在の奇形症状をもっている方々

出典tocana.jp

人魚症候群
発症率10万分の1ともいわれる両足が結合されて生まれた人間。足の接続部分を手術して歩けるようになったそうです。

出典tocana.jp

1つの体に、顔と脳が2つある「顔面重複奇形」顔面重複奇形は結合性双生児の中でも発症率は低く、ベトちゃんドクちゃんのように分離手術は事実上不可能だそうです。

出典tocana.jp

<単眼症>特徴としては顔の真ん中に大きな1つの目があり、機能しない鼻が額や口の上から生えているケースが多い。治療法は無く、なにより生まれてくるまで分からないこともあり非常に厄介といえる。中には、出産直後に単眼症と分かった我が子を受け止めきれず「モンスター」呼ばわりして悶絶してしまう両親もいるという。

出典tocana.jp

これは一卵性の双子として生まれるはずの卵子が分裂異常を起こし、身体が部分的に結合したまま生まれてくる「結合双生児」の症状。手足が8本あったインドでの赤ちゃん。

1