1. まとめトップ

イスラーム女性(ムスリマ)の服装、色々あるけれど違いは何?

イスラーム女性(ムスリマ)の服装・ファッションには色々なものがありますが、その種類をまとめました。

更新日: 2015年02月20日

9 お気に入り 152639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sinan000さん

ムスリマ(イスラーム教徒の女性)の方は布で頭なり、全身なりを隠していることが多いですが、それぞれの違いをまとめてみました。

ヒジャブ

ヒジャブはスカーフのような布で頭髪を隠すものである。もっとも一般的な服装である。

ヒマール

ヒマールはへジャブより、隠す範囲が広がり、背中まで隠す。

ヒマールはヒジャーブよりずっとサイズが大きく、顔だけを出して首の下の方までずーっと覆い隠すスタイルで装着します。

khimar=ヒマールです。
右側は、一つ下に出てくる「チャドル」です。

チャドル

チャドルはイランに多い服装である。顔だけ出して体全体を隠す。

ニカーブ

ニカーブは目だけ見せるものである。色は黒が多い。

左側がニカーブ。
右側は一つ下で紹介するブルカです。

ブルカ

ブルカはアフガニスタンで用いられている民族衣装で目の部分も網状になっていて完全に隠れている。

アバヤ

アバヤはアラビア半島の伝統的な民族衣装で黒い布で目と手足の先以外をすべて隠している。

アバーヤ (Arabic عباءة)とはアラブ首長国連邦のようなアラビア半島の国々の伝統的民族衣装。
砂漠地帯の強い直射日光から全身の肌を守ることができる。色は黒いものが多く、女性の体のラインを最大限に隠すことが出来る。
サウジアラビアでは女性が外出時には必ず着用することが法律上の義務となっている。

1 2