1. まとめトップ

下村(中村)早苗【大阪2児餓死事件】

大阪2児餓死事件(おおさかにじがしじけん)とは、2010年に発生した大阪市西区のマンションで2児(3歳女児と1歳9ヶ月男児)が母親の育児放棄によって餓死した事件。

更新日: 2015年08月29日

15 お気に入り 765078 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

大阪2児餓死事件

大阪2児餓死事件(おおさかにじがしじけん)とは、2010年に発生した大阪市西区のマンションで2児(3歳女児と1歳9ヶ月男児)が母親の育児放棄によって餓死した事件。

事件発覚

大阪市西区南堀江1丁目のマンションの一室で7月30日未明、幼い女児と男児の遺体が見つかった。「部屋から異臭がする」という女性の勤務先の風俗店の男性従業員からの110番で駆けつけた西署員が2人の遺体を発見した。遺体は腐敗が進み一部が白骨化していた。
府警は同日午後、この部屋に住んでいたファッションヘルス「クラブリッチエレガンス」の店員下村早苗容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。府警は西署に捜査本部を設置し、殺人や保護責任者遺棄致死容疑の適用を視野に捜査。
下村早苗の父は、高校ラグビー界で有名な下村大介氏。

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA2%E5%85%90%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

事件の経緯

3月30日 マンション住民から大阪市子ども相談センター虐待ホットラインに通報
3月31日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず
4月1日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず
4月2日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず
4月5日 マンション管理会社に連絡するも住民の世帯構成など確認できず
5月8日 再び住民から大阪市子ども相談センターに通報
5月9日 大阪市子ども相談センター職員が再度訪問するも不在。子供の泣き声聞こえず
5月18日 再び住民から大阪市子ども相談センターに通報。午後に大阪市子ども相談センター職員が訪問するも不在。物音など一切聞こえず
6月中旬 下村早苗、2人の子供を部屋に残し、家出
6月下旬 餓死したと見られる。 下村早苗、一度帰宅。死んでいるのを見て家出
7月29日 下村早苗、再度帰宅。腐敗しているのを見て再び家出
7月30日 下村早苗が勤務していた風俗店の同僚男性が部屋で2遺体を発見。同日午後、下村早苗を逮捕

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA2%E5%85%90%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

大阪2児餓死事件【下村(中村)早苗】

下村(中村)早苗

下村は1987年、高校教師の父と主婦の母親との間に三姉妹の長女として生まれた。
父親は不良のたまり場と呼ばれた高校で名門ラグビー部を育て上げた有名監督だった。
母親は父親の教え子の一人で、高校卒業後に結婚・出産するが、夜遊びや不倫を繰り返した。
両親の離婚後、下村ら三姉妹は父親に引き取られるが、父親やその再婚相手からはあまり手をかけられなかったらしい。
小学校では優等生だった彼女は、中学入学以降、非行グループとつるむようになる。
中学卒業後は父親の手引きで関東のとある私立高校に入学する。
そこでは父親の知り合いの教師の実家に下宿した。当初は反発した彼女だったが、卒業の頃には落ち着き、家事や礼儀作法を身につけたという。

高校卒業後、下村は地元に戻り、割烹店に就職した。
そこで当時大学生だった男性と出会い、妊娠・結婚する。
結婚後、夫婦は夫の実家に同居し、二人の子供が生まれた。
当初、下村は夫の両親とも良好な関係を築いており、子供達は両親と祖父母に囲まれて大切に育てられた。
この時期、彼女はブログを開設し、子供への愛情や幸せな生活について書いている。
しかし、2008年に二人目の子供が生まれた直後、下村は人間関係に問題を抱えるようになった。
古い友達と連絡を取るようになり、子供を家に置いて朝帰りを繰り返した。
彼女の不倫はすぐに夫やその家族の知るところになり、夫婦は結局離婚することとなった。
子供達は下村が引き取った。

子連れの下村は実母を頼った。しかし、その実母も精神的に不安定で、子育ての協力を期待出来る相手ではなかった。
下村は実母の元を離れ、寮付きの風俗店を転々とする生活が始まった。
元夫からの養育費などはなく、両親の援助も得られない。
当然のように、子供達は育児放棄状態になった。
彼女自身が行政に相談したこともあったし、近隣からの児童相談所への通報もあった。
しかし、結局親子を救う者はなかった。

http://mmfc.blog.shinobi.jp/murder/shimomura_s

大阪2児餓死事件【下村(中村)早苗】

事件まで

捜査1課によると、亡くなったのは下村容疑者の長女の羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)と、長男の羽木楓(かえで)ちゃん(1)。下村容疑者は2人の遺体を部屋に放置した疑いが持たれている。府警の調べに対し、下村容疑者は6月下旬ごろ、2人を残したままマンションを出たと供述し、「ご飯も水も与えなければ生きていくことはできないとわかっていた。私自身が育児放棄したことによって殺してしまった」と話している。
遺体は腐敗や白骨化しており、一部ミイラ化していた。司法解剖の結果、死因は不詳で、死後1~2カ月たっていた。胃や腸に食料は残っておらず、府警は少なくとも数日間は何も食べておらず、餓死の可能性もあるとみている。骨折や皮下出血など外傷はなかった。遺体発見時、2人は部屋の中央付近に裸で仰向けに倒れ、布団などは敷かれていなかった。
府警に対する供述によると、下村容疑者は風俗店に勤め始めた今年1月ごろ、店が借りているこの部屋に住み始めた。そのころから2人に食事を与えたり、風呂に入れたりするのが嫌になり、「子どもなんていなければいいのに」と思うようになった。6月下旬ごろ、2人を残してマンションを出た後、友人宅を転々とした。今月29日午後6時ごろいったん部屋に戻り、2人が亡くなっているのを見つけたが、そのまま部屋を出た。

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA2%E5%85%90%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

供述

下村は店関係者に「子供をほったらかしにしているので、死んでいるかもしれない」と話していた。「育児を放棄して殺してしまった」と容疑を認めているという。 「ご飯をあげたり、風呂に入れたりすることが嫌になった。子どもなんかいなければいいと思うようになった」「ご飯も水もあげなければ、小さな子どもは生きていけないことは分かっていた」と供述しているという。
子供2人は昨年5月に離婚した元夫との子。下村容疑者が1人で育てていた。30日未明に発見された遺体は腐敗が進み、司法解剖で死因は特定できなかったが、死後1~2カ月で栄養不足が疑われ、死亡前数日は食事を取っていなかったとみられるという。遺体発見時、室内はごみが散乱し、冷蔵庫に食べ物は入っていなかった。   マンションの住民によると、この部屋やベランダからは、ごみが腐ったような異臭がし、1~2カ月前まで、中から赤ちゃんの叫び声のような泣き声がしていた。 同市のこども相談センターには、虐待を疑う通報が3月以降3度寄せられ、職員が5月18日までに5度訪問したが応答がなく、室内に入れなかったという。
下村早苗容疑者(23)が大阪府警の調べに、「ホストクラブで遊ぶのが楽しくて育児が面倒になった。もっと遊びたくて家を出た」と供述していることがわかった。府警は、ホストクラブ通いにはまったことが、ネグレクト(育児放棄)の直接動機になったとみて裏付けを進める。   下村容疑者は今年1月、大阪・ミナミの風俗店で働き始めた前後から周辺のホストクラブに通い始めた。4月頃には、複数の店をはしごするなどし、長女(3)と長男(1)を部屋に残したまま、2~3日間、外泊することもあったという。   複数のホストと交際していたといい、6月下旬に2人を置き去りにして家を出て行った後は、友人宅などを転々とし、妹宅を訪ねたり、地元の三重県に戻ったりもしていた。2人のことは「実家に預けた」と答えていたという。   一方、府警は31日、この部屋を現場検証するとともに捜索した。室内の居住部分と玄関までの廊下を仕切るドアの縁に、粘着テープが張られた跡があり、府警は、下村容疑者が外出している間、ドアを固定して子供たちを室内に閉じ込めようとしていたとみている。
ベランダや室内には、スナック菓子やハンバーガーの袋、おむつが散乱していた。子どもにファストフードやお菓子ばかり与えていたとみられる。近くのピザチェーン店の男性店員によると、今年2月、下村容疑者宅にピザ1枚と5個入りのチキンナゲット二つ、オレンジジュース1本を2回、宅配したという。
しかし、間もなく、下村容疑者はお菓子すら与えなくなった。「子どもなんかいなければいい」。育児を面倒だと思う気持ちが強くなったのか。最後は食料も水もない部屋に、2人を置き去りにした。
警察が遺体を発見する数時間前の今月29日夕、下村容疑者は約1カ月ぶりに部屋に戻った。その時の様子を、府警に「子どもの体は茶色に変色して腐っていた」と淡々と話しているという。

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA2%E5%85%90%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

大阪2児餓死事件【下村(中村)早苗】

判決

母親は逮捕後、約5か月間の鑑定留置期間に精神鑑定を受け、刑事責任能力には問題無いとの結果が出たため、大阪地検に殺人罪で起訴された。なお、死体遺棄容疑は不起訴処分となった。

検察側は、母親が最後に家を出た際「冷蔵庫に食事がなかった」「子ども2人の衰弱を目の当たりにしていた」などの点を挙げ、母親に殺意があったとして、無期懲役を求刑した。弁護側は「被告も育児放棄を受けた影響があった」とし子供に対する殺意はなく保護責任者遺棄致死罪にとどまるとした。母親は「子供のことを今でも愛している」と話した。

2012年3月16日、大阪地裁は母親は子供に対する「未必の殺意」があったと認定し、懲役30年の実刑判決を言い渡した。2012年12月5日、大阪高裁も「生命が危険な状況で、放置すれば死亡すると認識できた」として一審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。裁判は最高裁まで争われ、2013年3月に懲役30年が確定した。その後、事件のあったマンションでは毎月一度、住人交流会が行われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA2%E5%85%90%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

大阪2児餓死事件【下村(中村)早苗】

関連書籍

なぜ幼い二人は命を落とさなければならなかったのか。それは母親一人の罪なのか。事件の経緯を追いかけ、母親の人生をたどることから、幼児虐待のメカニズムを分析する。現代の奈落に落ちた母子の悲劇をとおして、女性の貧困を問う渾身のルポルタージュ。

1