ある時、大店からご隠居の治療を頼まれて訪ねると、死神はしっかり枕元にいる。だが大金を積まれて目がくらんだ男は、布団を回転させて死神を欺き、病人を回復させた。礼金を受け取り、揚々と家路を急ぐ男は再び死神に捕まって…。

出典三遊亭圓楽|死神 | ラジオデイズ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【昭和元禄落語心中】作中に出てくる落語のあらすじ解説 与太郎放浪編

昭和元禄落語心中 与太郎放浪編の作中に出てくる落語を解説します。さわりだけ出てきたネタや題名が不明な話しなどもわかると作品を一層深く理解し楽しめるのではないでしょうか。重複している噺はほぼ省略しております。

このまとめを見る