骨董品屋は、これで亡妻の法事ができると喜び、酒を飲み始めます。そこに現れたのが、応挙の幽霊でした。色っぽい年増です。「さあ、一杯」、差しつ差されつ飲み明かします。ほの明るくなった頃、女の幽霊は、帰ると言って、掛け軸の中に戻りましたが・・・・。

出典第7338回「古典落語 その198、応挙の幽霊 九代目入船亭扇橋 ストーリー、ネタバレ」|新稀少堂日記

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【昭和元禄落語心中】作中に出てくる落語のあらすじ解説 与太郎放浪編

昭和元禄落語心中 与太郎放浪編の作中に出てくる落語を解説します。さわりだけ出てきたネタや題名が不明な話しなどもわかると作品を一層深く理解し楽しめるのではないでしょうか。重複している噺はほぼ省略しております。

このまとめを見る