金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじまおうかと考えたものの、どうやって死んだらいいかがわからない。

男「川に飛びこんじまうか。いやダメだ泳げねえ。首でもくくってみるか…それも苦しそうだ」

そんな男の前にやせ細った見るからに怪しげな老人が現れる。

その正体は死神でいろいろと話すうちに死ぬ方法ではなく役に立つ情報を教えてくれた。

出典古典落語死神について 江戸時代の医者について | 落語あらすじ.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【昭和元禄落語心中】作中に出てくる落語のあらすじ解説 与太郎放浪編

昭和元禄落語心中 与太郎放浪編の作中に出てくる落語を解説します。さわりだけ出てきたネタや題名が不明な話しなどもわかると作品を一層深く理解し楽しめるのではないでしょうか。重複している噺はほぼ省略しております。

このまとめを見る