宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさっそく部屋に上がった。

その後に旅籠へ到着したのが江戸っ子の三人組。彼らは大変騒がしい。三人は部屋に上がると地酒を注文し宴会が始まってしまう。

出典落語 宿屋の敵討ちのあらすじ 江戸時代の敵討ちのルール色々 | 落語あらすじ.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【昭和元禄落語心中】作中に出てくる落語のあらすじ解説 与太郎放浪編

昭和元禄落語心中 与太郎放浪編の作中に出てくる落語を解説します。さわりだけ出てきたネタや題名が不明な話しなどもわかると作品を一層深く理解し楽しめるのではないでしょうか。重複している噺はほぼ省略しております。

このまとめを見る