1. まとめトップ

腰が痛い!足がだるい!脊柱管に原因があるかも?

腰の痛みってつらいですよね。最近若年層にも増えている病気です。

更新日: 2015年02月27日

1 お気に入り 10481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)かもしれません。

腰が痛い。しばらく歩くと痛みはどんどんきつくなり、しばらく休むとまた歩けるようになります。

推計患者数が全国で240万人程度とみられるとの推計を福島県立医大の紺野慎一教授と大日本住友製薬がまとめた

脊柱管狭窄症とは

脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患

通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある

症状は?

腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、などに加えて、足にしびれや痛みがある

歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる(間欠跛行(かんけつはこう))など

どんな人がなりやすい??

高齢の方に多くみられますが、若いときに重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、若いときに腰を痛めたことがある人、長時間運転する人

治療方法は?

保存療法  PGE1(オパルモン)など血行改善薬や、消炎鎮痛剤、ノイロトロピンを使用してコントロールする。その他、温熱療法や運動療法、コルセット療法、神経ブロックも行われる。

手術療法 下肢麻痺、強い間欠性跛行や排尿障害などが長い間続く場合行う。脊柱菅を狭くしている部分の骨や靱帯を削る手術が行われる。

生活で気を付ける事は?

反った姿勢をとると、神経と血管を圧迫し症状が強くなるため、できるだけ避けることを心がける必要がある

適度な運動を心がける。

患った著名人

桂歌丸(落語家)

大山加奈(バレーボール)

天龍源一郎(プロレス)

症状がきつくなってからでは遅いです!早めに整形外科を受診しましょう!

1