1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 「ごめんね青春!」で宮藤官九郎が脚本賞を受賞!

青春ドラマ「ごめんね青春!」の脚本を担当した宮藤官九郎が、2月18日に発表された第83回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞において最優秀脚本賞を受賞

■ 男女共学になる学校を描いた青春ドラマ「ごめんね青春!」

これは99年の歴史と伝統を誇る仏教高・我がトンコーと、カトリックの名門三女こと三島女学園の合併統合、つまり男女共学になるまでの半年間の物語

現代の高校生だけでなく、かつて高校生だった大人たちの青春に対する後悔やせつない感情も同時に描いている

男子校で青春を過ごした宮藤の妄想炸裂。今や国民的ヒットメイカーが「ドラマで、体験できなかった共学への憧れ、ぽっかり空いた高校3年間の『女子ってなんなの?』を埋めたい」と語った。

ドラマ自体の評判は良好ながら…

■ 1桁台を推移する低迷した視聴率に悩まされていた。

一方、ドラマ自体の評判は良好ながら視聴率が低迷してしまっているのが、関ジャニ∞・錦戸亮主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)。

初回こそ2ケタの10.1%だったが、2話以降は1ケタに沈み、5話まで7.7%、6.7%、6.7%、7.4%と推移している

社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』終了から約1年。大きな期待を背負っての脚本だったが、『あまちゃん』の平均視聴率20.6%から遠く離れて惨敗

これに関して…

■ 「オレの感覚がズレてるのか?」と悩みを吐露したことも!

宮藤さんは、ニッポン放送「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」に出演。この日はフリートークの回で、番組冒頭から苦戦する「ごめんね青春!」の視聴率について言及

励ましのメールと悪い知らせしか来ないですからね。こんなに元気がないパーソナリティー、いないんじゃないかくらい、心はズタズタ

『オレの感覚がみんなからズレてるのか。オレがズレてるんだなと思うと、不安になっちゃって。オレがおもしろいって思うってことはダメなんじゃないかって』と不安を吐露

しかし、クドカンの悩みはそれだけではなかった。

■ 3年前は使えていた言葉や表現の規制されていた!

今回、言葉や表現に本当に苦労しました。「あまちゃん」('13年、NHK総合ほか)を挟んで、地上波ゴールデンのドラマは3年ぶりぐらいなんですけど、あのころは問題なかった表現が随分使えなくなって。

ドラマにも「自主規制」が起きる風潮。確かに、最近はテレビ番組などに対し、批判の声が目立つようになっている

最近では…

■ ドラマ「MOZU」の喫煙シーンに批判が殺到!

1 2