1. まとめトップ

家庭教師バイトを始める前にチェックしたい疑問・質問

高収入の仕事として知られる家庭教師のアルバイト、時給の相場や個人契約とバイトとの違い等。大学生や主婦、英語・英会話が得意な人におすすめ。

更新日: 2015年03月03日

baitomanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 52207 view
お気に入り追加

■どうやって始めればいいの?

まずは自分のお住まい地域で活動している家庭教師会社に登録することから始めます。

その後、会社側が自分に合った生徒を探してきてくれるので、自分の希望・指導条件に合えばスタート出来ます。

地域によっては生徒探しがうまくいかないこともあるので、複数の家庭教師会社に登録する先生が多いです。

「募集情報に応募」→「登録会に参加」→「生徒とのマッチング」→「仕事の依頼と選択」→「指導開始」→「研修やフォロー」といった流れ

指導を始める前に研修を行う家庭教師会社もあります。

■どんな人が向いている?応募資格は?

家庭教師バイトと言えば大学生と考えがちですが、実際は大学生以外にも、専門学校生や短大生、主婦、社会人など様々な人が仕事に就いています。

家庭教師会社によっては4年制大以上といった条件があるところもあります。

基本的にはそれぞれの家庭教師会社によって細かな条件は異なるので、まずは求人情報で応募資格を確認しましょう。

◇ 応募資格・条件の例

大学生・4年制大学卒以上の方

東京都内を指導エリアとする家庭教師会社

大学生やフリーターの方
Wワークで働く会社員の方
家庭をお持ちの方や主婦(夫)の方

家庭教師のトライの場合

大学生・短大生・看護学生・高専生・主婦(夫)・フリーター・社会人

北海道の家庭教師会社

■ 時給の相場、どのくらい稼げる?

家庭教師のアルバイトの時給は1500~3000円ぐらいが相場です。経験の有無や実績、指導力などによっても給与は大きく変動します。未経験の場合は時給1500円以上としている家庭教師会社が主流です。

学歴を気にする人もオオかもしれませんが、学歴がそのまま給与・時給に反映する過程教師会社というのは少数です。大抵は経験や指導力が重視されます。

だいたい1000~2000円くらいでしょうか。

ピンキリだと思いますが・・・
私の弟も学生時代(京大)家庭教師(中学生相手)をしていましたがその時は時給3000円でした。

■ 大学生におすすめするこれだけの理由

○学生の出来るバイトの中でも最も時給が高額なものの一つ。
○学歴・学業を活かすことが出来る。
○放課後や土日といった大学の講義の無い時間帯にアルバイトが出来る。
○自宅近くや大学の近くでバイトが出来る。
○夏休みや冬休み、春休みといった長期休暇の利用してバイトを始めることも可。

■家庭教師の個人契約って何?

家庭教師には一般的なアルバイト契約で始める方法と個人契約で始める方法があります。

仲介業者(家庭教師派遣会社)を介するアルバイトに対して個人契約はあまり耳慣れなく、どんな形で指導を行うのかわからない人も多いでしょう。

ここでは、家庭教師のアルバイトと個人契約の違いについて説明します。

個人契約の家庭教師バイトの場合、指導料はご家庭から家庭教師に直接支払われます。

家庭教師バイトの希望時給を自分で設定することが出来ます。

通常の家庭教師バイトの場合、家庭教師派遣業者に対して指導報告書の提出義務がありますが、個人契約の家庭教師バイトの場合、そういった面倒な報告義務はありません

一般的にアルバイトよりも個人契約の方が時給は高くなります。ただし、個人契約の場合はご家庭との契約手続きなども自分で行う必要があります。中外業者がいないためにトラブルが起きた場合の対処も考えておかなければいけません。

このため、家庭教師が初めてという人には向いていません。家庭教師が初めてという人はアルバイトをおすすめします。

■塾講師との違いについて

家庭教師のアルバイトに興味を持っている人の多くが塾講師の仕事も気になっているでしょう。どちらのバイトをやろうか迷っている人も多いかと思います。

どちらも教育の仕事ですが、一番の大きな違いは塾講師の場合は、学習指導以外の雑用が多いという点です。場合によっては塾にかかってくる電話に対応しなくてはいけないケースもあります。

教えることに集中したい人は家庭教師の方が向いているかもしれません。

■ 家庭教師派遣会社を探す

□全国対象の会社

1





baitomanさん