1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

疑問視する声も...楽天・松井裕樹が中継ぎで全力を尽くす!

将来のエースと期待され、プロ2年目を迎える楽天・松井裕樹投手。先発として活躍を誓っていた松井投手ですが、大久保新監督が中継ぎで起用することを明言。これには疑問の声もありますが、本人は投手としてレベルアップを誓いました。

更新日: 2018年06月12日

3 お気に入り 20327 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hy02さん

昨年はプロの壁に苦しんだ楽天・松井裕樹

2014年のシーズンはゴールデンルーキーとして期待されましたが、プロの壁に苦しみました。
 
しかし、課題は残るもシーズン後半では中継ぎとして結果を残しました。

黄金ルーキーをもってしても「プロの壁」を打ち砕くことはできなかった。デビュー登板では、6回3失点と試合をつくったものの初黒星。高卒ルーキーでは初となる「プロ初登板から3連敗」という不名誉

昨年、松井は27試合に登板(先発は17試合)し、4勝8敗、防御率3.80。116イニングを投げ120奪三振と能力の高さを証明したが、与四死球75と制球力に苦しんだ

先発の柱として期待された

2012年の夏の甲子園では22奪三振の快挙を成し遂げ、楽天の入団会見では、現ヤンキースの田中投手を目標とし、将来のエースとして期待されました。

楽天にドラフト1位で入団。背番号は、高校時代と同じ1番を選び、入団会見では「無敗でシーズンを終われるような、すばらしいピッチャーになりたい」

2012年の夏、一人の左腕が高校野球の聖地・甲子園をわかした。男の名は松井裕樹。150キロに迫るストレートと「消える」とまで称されることがあるスライダーを武器に、甲子園で三振の山を築いた

しかし、今年は中継ぎで起用へ

紅白戦で救援起用、配置転換に「何も聞いていないです」と目を白黒させた19歳を監督が押さえ付けた。「こちらが決めたことに従ってもらうのが団体行動。それがイヤならプロゴルファーになればいい」

打診でも、話し合いでもない。チームとして戦う上で上意下達は当然、という考えを伝えた。ただ「お前は将来は先発でバンバン勝つ投手になる」とフォローも忘れなかった

今年から指揮を取るデーブ大久保こと大久保新監督は松井をリリーフで起用することを明言しました。

大久保監督は「空振りが取れ、クイックも1・1秒台で速い。セットアッパーとしてかなり大きな戦力になる」とあらためて期待

「松井が、勝つには必要な投手になってきている。8回、あの場所で投げてもらったのは意思表示。先発して中6日いないことよりも『お前が毎日いてくれないと困る』という気持ちも込めた」

ファンは賛否両論

松井裕樹はリリーフのピッチャーの気持ちも理解出来る完璧な先発エースに育てるための中継ぎ起用だと信じたい 攝津みたいな #rakuteneagles

イニングイーターって訳でも無いし制球に不安はあるけど、奪三振率高いし1イニングで松井出てきたらそうは打てないでしょ。松井の成長性と現状をちゃんと理解した結果の中継ぎ起用。 デーブは人間性に欠けるし、個人的にも嫌いだけど……監督としては有能だと思う

楽天のデーブ政権で中継ぎになった松井裕、先発になる前に酷使でぶっ壊される未来しか見えねえな

松井くんを中継ぎって勿体ないな どうみても先発で使ったら伸びるのに 適性とかじゃなくてまだ2年目なんだから育てろよ~

先発での活躍を誓っていたが・・

キャンプイン当初、先発投手として活躍することを誓っていました。

今オフは大先輩の田中(ヤンキース)、エース則本らと自主トレを敢行。エースの心構えや調整法を授かり「1年間、先発ローテとしてフルに戦い、規定投球回をクリアする」と目標を設定

恒例行事となっている練習前の「決意表明」。プロ2年目の松井裕は「1年間ローテーションとしてフルに戦い、規定投球(回数)をクリアし、東北のファンのみなさんと頑張っていきたいです!」

中継ぎを成長のステップに

「監督から言われたときは正直、2、3日は気持ちの整理がなかなかつきませんでした。でも、今は与えられた場所でしっかり仕事をする、それしか考えていません」

「2年目の19歳に大事な場面を任せていただけるというのに責任を感じている」。「無得点に抑えて九回にバトンをつなぐ。その中で絶対に勝ちたい」

セットアッパーとして役割を担う

シーズンでの主戦場は8回になる。大久保監督は「(8回の)可能性は高いよね。青山、クルーズ、ミコライオと、右の速い投手の間に入れたい。8回松井は組み合わせ的にいい」

日本一奪還へ、楽天版の「JFK」を作る。目指すは05年阪神の藤川-ウィリアムス-久保田という勝利の方程式。盤石の救援陣がいれば、常勝軍団に近づく

1 2