1. まとめトップ

元東レ社長、佐々木常夫さんってどんな人?【仕事も家庭も決して諦めない】

自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻の看病をしながら、東レ社長までなった佐々木常夫さんの家庭への考え方、仕事観とは?

更新日: 2018年07月17日

14 お気に入り 84182 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

miki666さん

佐々木常夫さんって?

1944年秋田市生まれ。6歳で父を亡くし、4人兄弟の次男として母の手ひとつで育つ。

1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。
自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻の世話に忙殺される。
会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建やさまざまな
事業改革など多忙を極めそれに対して全力で取り組む。

その実績が認められ、2001年、東レ同期トップで取締役となり、2003年より東レ経営研究所社長となる。

何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から、独特の経営観をもち、経営のあり方、ワークライフバランス、ダイバーシティ、リーダーシップなどの講演が多い。

経営の手腕は勿論、ワークライフバランスの実践者として多数の書籍、講演、記事などを書かれています。

言えなかった家庭の事情

20代30代は家事や育児を妻に任せ、残業もバリバリこなしていたという佐々木さん。 39歳のとき、転機が訪れる。

 妻の浩子さんが肝炎で倒れ、家事や3人の子どもの子育てを佐々木さんが担うことになったのだ。

52歳のとき、浩子さんがうつ病を発症したのだ。しかし、佐々木さんは会社に事情を打ち明けられなかったという。

「そうですね。人事っていうのは、どっちでもいい場合は家族に問題がない方を上げ(=昇格)ますから。ですから上にはあんまり言えなかった。それと若干甘えみたいな気もしましてね。家庭の事情を優先して、仕事を二番目にするというのは。私も経営陣の一角になろうとしているときに、ギリギリでみんな仕事やるわけですから、その時にそういうものを持ってるというのはちょっとどうかなという迷いもあった」

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090915/181371/

「会社に家内から電話がかかってきて『今から死にます』と言ったんですね。『今、包丁を持ってますから』と。ともかく飛び上りました。日ごろから死にたいとは言ってました。でも自分で死ぬということを電話で言ってきたというのはないですからね。飛んで帰りました」
この出来事があってから、「もう、家庭の事情を会社に話さないわけにはいかない」と佐々木さんは腹をくくった。

妻の事情を、勇気を持って職場に公表した佐々木さんに、同僚や部下は理解を示してくれた。そして、佐々木さんがどこに仕事に行っても、常に連絡が取れるような態勢を作ってくれた。さらに佐々木さんが残業をしなくてもいいようにと、効率的に仕事が進むようになったという。

仕事観

仕事で成果を出し、ビジネスマンとして人から認められたいという強い自己実現欲求とプライドがあったからやってこられたことも間違いありません。仕事があったからやり遂げられた、というのが本当です。

仕事が合わないからすぐに辞めたり、難しい仕事を避けたり、管理職は面倒くさいからやりたくないと言ったりする人も増えていると耳にします。私に言わせれば、そういう人は自分で幸せを拒んでいる人です。幸せにならないようにならないように生きていると思えてしまう。

 20代、30代のうちは何かのプロになるために、四の五の言わず、とにかくがむしゃらに働く。お金が欲しいとか偉くなりたいという欲で働くのもいい。それで見えてくるものもあるでしょうから。

 ですが、40代になったら特に仕事というのはチームのため、お客様のため、世のため人のためという志がないとダメです。仕事以外の依るべき場所を持ち、家族との時間も大切にする。時には社会や地域のコミュニティに参加するなどして、しなやかに生きてほしいと思います。

佐々木常夫さんの名言

私は「運命は積極的に引き受けよう!」という人生観を持っています。会社人生にしても、決して一本道ではありません。努力が実らないことだってあります。業績不振の子会社へ出向させられるような、左遷的仕打ちを受けることだってあるでしょう。しかし、それも運命です。

よく「ネットで調べればわかる」という人がいますね?しかし、それは「ネットで調べなければわからない」ということです。それでは、数字を使うことはできません。いや、考えることができないというべきでしょう。

働く君に贈る25の言葉

「ワークライフバランス」は重要な経営戦略であり、「ワークライフマネジメント」という意識を持つべきである。

仕事がうまくいかないからといって「能力がない」と考えるのは間違いです。うまくりかないのは「能力」ではなくて「仕事のやり方」の問題だからです。(佐々木常夫)働く君に贈る25の言葉 bit.ly/P9zmQ2

部下を厳しく叱ってもダメなら、褒めればいいのです。誰だって、叱られるより、褒められるほうが嬉しいに決まっています。 佐々木常夫

「理不尽だ」と思うからストレスが溜まるのです。「人生とはこいうものだ」と思えば、顧客に上からものを言われるくらい何でもなくなります。 東レ研究所社長/佐々木常夫

あのとき、自暴自棄の一歩手前で踏みとどまることができてよかった。あのとき、私は運命から逃げ出すこともできたかもしれない。しかし、もしそうしていたら、私はこの幸せを手にすることはできなかったのです。『働く君に贈る25の言葉』p.tl/lURZ

1 2