1. まとめトップ

日本の伝統料理天ぷらの変わりテンプラ種紹介

日本食と言うと必ず挙げられる天ぷら、素材を活かし、カラっと揚げて、天つゆをつけて、と日本人好みに進化した天ぷらに近年変わった材料が参入中です。

更新日: 2018年12月06日

10 お気に入り 6901 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

天ぷら・揚げ物好物です。

moepapaさん

天ぷらとは

天ぷら・天麩羅・天婦羅(てんぷら)は、魚介類や野菜等の食材を、鶏卵と溶き汁を小麦粉にあわせたものを衣とし、油で揚げて調理する、代表的な日本料理である。
「江戸の三味」の一つであり、江戸料理、江戸(東京)の郷土料理となっているが、この調理法は各地に広がっている。

奈良時代 - 平安時代に伝来したものは米の粉などを衣にしたものであり、その後16 - 17世紀には西洋のフリッター(洋風天ぷら)が伝来している。
16世紀には、南蛮料理を祖とする「長崎天ぷら」が誕生している。これは衣に砂糖、塩、酒を加えラードで揚げるもので、味の強い衣であるため何もつけずに食するものであった。これが17世紀に関西に渡り、野菜を中心としたタネをラードに代わりごま油などの植物油で揚げる「つけ揚げ」に発展する。

変わり種

ここまで歴史のある日本食ですが、近年さらに進化?させようと、変わり種を使った天ぷらも多々登場しています。

1 2