1. まとめトップ

カメラを高く売るポイントとは?高価買取のコツと抑えておくべき注意事項

カメラを売るにしてもデジタルかフィルムかで相場は大きく変わり、国内で売るか海外に売るかでまた大きく価格に違いがでてきます。これまでお世話になった愛機をできるだけ高値で手放すためのポイントをまとめてみました。

更新日: 2015年02月24日

camerakozoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2141 view
お気に入り追加

カメラを売るときの参考になる考え方の記事を集めました

カメラというのは定期的にメーカーから最新型が発売されます。そのたびに新しい機種へ買い替えする人もいますし、何よりカメラをやってるうちにより高性能機種へステップアップしたくなるのです。
最初は入門機で十分だと感じていても、次第に中級機以上がほしくなるものです。そのときにカメラを売って現金化し、そのお金を元手に次の機種を買うのが賢い方法です。

店員さんと仲良くなることって大事。
やっぱり人と人との取引です。
売るときにコミュニケーションをとれば
多少条件が良くなることもあります。
とくに比較的小さな規模の買い取り店なら
その可能性大だと感じます。
今までにいろんな店へ売ってきましたが、
上手にハナシをして仲良くなることでチョット得できます。

★とにかくお掃除★
買い取ったカメラは中古品として売ります。汚いままでは売れませんので、アルバイトのお姉さんたちがせっせとお掃除をしています。この人件費がバカになりません。きれいならばお掃除が不要になりますのでその分査定価格が高くなるというわけです。

お掃除をするときに洗剤や薬品を使うのは厳禁です。変色や変形の原因になります。汚れがひどいときは水をつけて固く絞ったやわらかい布で丁寧に拭いてください。

レンズは拭かないでください。レンズは汚れていてもそのままお送りください。傷つきやすいので素人の方は触らないほうが安全です。

マニアックな商品を売りたい場合には話が違ってきます。
実は、買取価格は基本的に発売からの時間経過と人気の度合いで決まってくるので、一部のマニアにしか人気のない商品に関しては、なかなか買取価格に価値が反映されにくいです。
マニアックな商品を売る時は、委託が威力を発揮する時と知っておくと良いでしょう。

お店での買取額と言うのはあくまでも「仕入額」であって
その金額は利益を見込んで少しでも安く仕入れたいのが本音です。
しかし、オークションでの買い手から見れば、中古店の販売価格
より少し安ければ「買い」と判断して入札してくれます。

なんと私は、元箱からストラップ、ビニール袋まで、完璧に残しています。
マニュアルも開封せず、PCで見ています。
下取りの時、店員さんに「未使用ですか?」と聞かれます。査定が有利になります。
知人に譲渡する時も、喜んでもらえます。
で、フィルム時代からの「箱」が納戸の一角に山積みされています。

購入時から売ることを考えて箱、説明書等を新品同様に保管しておくと圧倒的に買取査定がよくなるようです。

カメラは長く使っていると故障や磨耗、劣化する部位が必ずあります。また、レンズなどは保管方法によって内部にカビが生えたり、ホコリが混入するなど分解清掃を必要とする場合も出てきます

修理やオーバーホール、技術者による分解清掃などをして
手入れをされたカメラやレンズには通常より高い買取金額が付く場合が多いのです。
積極的に修理履歴、オーバーホール歴などを買取店舗に伝えていきましょう。

※ヤフオク※
メリット:高く売れる?(でもきっちり落札金額の5%ちょっと
     取られるので微妙な感じ)

デメリット:完璧を追い求める方が多々いる。もしくは質問回答、
      発送等の手間。

※カメラ店買い取り※
メリット:手軽
デメリット:安い買取価格、同業者の買取値段調査比較

中古カメラを売ろうとするときは、
それがなんであれ、「高額査定」はありえませんということです。
例えば、50万クラスの費用をかけて今すぐに、
中古市場へそのカメラを流したとしますよね!?
それがデジタルなら尚更ですが、
市価の7分の1以上には買い取らないのがごく普通だからです。

売る前に注意しておくべきこととは?

中古ショップにカメラなどの機材を買い取ってもらう場合、大きく分けて「買い取り」と「委託」の2種類がある。

 「買い取り」は、文字通りお店にカメラを買い取ってもらう方法で、売り主はその場で代金をもらって終わりになる。「委託」は、売り主の所有のまま店に商品を並べて売ってもらう方法だ。売れた場合は、代金の一部が販売手数料として差し引かれる。販売価格は所有者が決定できる。

「買い取り」と「委託」にはそれぞれメリット、デメリットがあるようです。詳しくはサイトで確認してみてください。

デジカメやビデオカメラでデーターを削除する場合には注意が必要です。多くのデジタルカメラではデーターの削除をしても全てのデーターが本当に無くなったのではなく、表面上データーが呼び出せない(見れない)状態にしただけなのです。

これはパソコンを買い買えるときの注意事項にもなるのですが、表面上消したつもりのデーターも専用のソフトを使うと簡単に呼び出す事が出来てしまいます。

仕事で使っていたカメラで重要な商品情報や意匠がある場合や、モデル人物などの著作権が発生する場合、個人的趣味で裸体などを撮った場合などは刑事責任(賠償問題やわいせつ物問題)に発展するリスクも考えられます。

海外サイトに出品して販売すると高値で販売できることがある

ネットで査定に出してみて価格の比較をしましょう

査定に出す前に!カメラのお手入れをしっかりとやっておきましょう

1 2





camerakozoさん

カメラに興味があるのでいろいろとまとめてみます。