中古ショップにカメラなどの機材を買い取ってもらう場合、大きく分けて「買い取り」と「委託」の2種類がある。

 「買い取り」は、文字通りお店にカメラを買い取ってもらう方法で、売り主はその場で代金をもらって終わりになる。「委託」は、売り主の所有のまま店に商品を並べて売ってもらう方法だ。売れた場合は、代金の一部が販売手数料として差し引かれる。販売価格は所有者が決定できる。

出典【第3回】手持ちのカメラをより高く売るためのちょっとしたコツ 日経トレンディネット

「買い取り」と「委託」にはそれぞれメリット、デメリットがあるようです。詳しくはサイトで確認してみてください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

カメラを高く売るポイントとは?高価買取のコツと抑えておくべき注意事項

カメラを売るにしてもデジタルかフィルムかで相場は大きく変わり、国内で売るか海外に売るかでまた大きく価格に違いがでてきます。これまでお世話になった愛機をできるだけ高値で手放すためのポイントをまとめてみました。

このまとめを見る