デジカメやビデオカメラでデーターを削除する場合には注意が必要です。多くのデジタルカメラではデーターの削除をしても全てのデーターが本当に無くなったのではなく、表面上データーが呼び出せない(見れない)状態にしただけなのです。

これはパソコンを買い買えるときの注意事項にもなるのですが、表面上消したつもりのデーターも専用のソフトを使うと簡単に呼び出す事が出来てしまいます。

仕事で使っていたカメラで重要な商品情報や意匠がある場合や、モデル人物などの著作権が発生する場合、個人的趣味で裸体などを撮った場合などは刑事責任(賠償問題やわいせつ物問題)に発展するリスクも考えられます。

出典カメラを売るときの注意事項

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

カメラを高く売るポイントとは?高価買取のコツと抑えておくべき注意事項

カメラを売るにしてもデジタルかフィルムかで相場は大きく変わり、国内で売るか海外に売るかでまた大きく価格に違いがでてきます。これまでお世話になった愛機をできるだけ高値で手放すためのポイントをまとめてみました。

このまとめを見る