1. まとめトップ

【閲覧注意】有名人が実際に体験した怖い話【まとめ】

有名人たちの怖い体験をまとめました。ジャニーズは心霊体験者多いですね◎ほかにもまだ更新して行きます。

更新日: 2015年03月16日

9 お気に入り 103772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

COCO017さん

釈由美子

*****
19歳の時から、不思議な体験として妖精が見えるようになった。
妖精はティンカーベルようなものを想像していたが、期待を裏切りジャージを着ている小さなおじさんだった。 探し物をしていて引き出しを開けたらいたり、 嫌な予感がして布団をめくったらおじさんはいる。

また、シャワーを浴びていたら排水溝に大仏の格好をしたおじさんもいて、「ドンマイ、ドンマイ」と言っていた。しかし、排水溝に流れてしまった。

*****
霊感がついたかな、と思ったときからホラー物などのお仕事はお断りしていた。しかし、ドラマ「スカイハイ」のときだけは、自分に与えられた使命だと思った。

案の定、撮影の時に現場でバタッと倒れてしまったり、セリフを言っている最中、なぜか涙がこぼれたりした。

また、霊が降りてきて何度も撮影を中断させ、セットの前では霊に「間違って来てしまった少女の霊にお帰りなさいと話してあげてたの」と語った。

小室哲哉

*****
高校生の頃、夏休みになると友達とユースホステルなどに泊まる貧乏旅行をしていた。長野だか山梨だかのユースホステルに泊まったとき、どうも寝苦しいので友人と夜中ジュースを買いに自動販売機に行きながら散歩をしていた。

そのとき、ちょうど踏切に差し掛かった。
「かんかんかん…」と鳴りだし遮断機が下りた。
夜中でも保線のため電車を動かすことはよくあるので待っていると、線路の上を青白く燃え上がった丸太が直立したまま通ったそうだ。丸太が通った後、遮断機はふつうに上がった。

関係ないけどこのときにツアーメンバーにB'Zの松本がいて松本が怖がって逃げるのを面白がって、怖い話をいっぱいしていた。

櫻井翔 松岡昌宏

*****
ある時から、ドラマの現場に行っても、松岡くんが自分を避けてる気がして「やべぇ、俺嫌われちゃったよぉ」とへこんでいて、スタッフに相談したところ、松岡くん曰く「桜井は後ろに変なもんつけてるから気持ち悪い」と。松岡くんは霊感が強いため、翔さんが引っ付けてきた霊が見えていて、それが気持ち悪いから翔さんに近づかなかったそう。

そして、最近になってはなしてくれるようになった松岡くんに翔さんが「オレに霊が引っ付いてるから、避けてたって聞いたんッスけど・・・」と言うと「あぁ、もう大丈夫。」って返事がきて安心した。そう言った翔さんに「どっちの大丈夫なんだろうね。"とれた"のか"慣れた"のか」とにの。
すると残り3人が挙って「慣れたんだよ、きっと。そりゃずっと見てりゃぁ」と。そうして、翔さんをまたも不安に陥れるのでした。

片平なぎさ

*****
仕事で京都へ撮影に行った時の話しだ。
彼女はあるホテルに泊まり自分の部屋でくつろいでいた。

季節は夏で高校野球をテレビでやっていたのを覚えているという。
やがて片平は3回の表まで見たあたりでいつのまにかウトウトと寝てしまったらしい。
そして、彼女はその時の体験をこう話した。
ホッペをポンポンポンポンって叩かれて、ハッ!て起きたら、ここに人が立っていました。
ホテルの部屋は自動ロックがかかるもので、エエッと思ってもう一度ここどこ?自分の部屋よね?
と冷静に自問自答してみたという。

心を落ち着けて、テレビの音を聞いてみると4回の表、彼女は寝る前に3回の表まで覚えているので、その間1回の時間が経過しただけだ。
そこまで冷静に判断して彼女が
「ああ、これは夢じゃない。誰かが私の部屋にいる・・・どうしよう・・・」
と思った時だ。
「後ろから、もの凄いだみ声で声をかけられて・・・・」
と言うではないか。 小堺がそのだみ声は何て?馬鹿野郎!とか?と聞くと
片平はとにかく汚い言葉なんです。それで、声を後ろからかけられたんで彼女は部屋の窓際の方を見たというのだ。
「そしたら、そこのイスに!!!おばあさんが立てひざして・・・・」
と左ひざを立てて、腕で抱きかかえてその時のおばあさんの姿勢を再現した。
おばあさんは、わたしの方を見て、私とちゃんと目と目が合った状態で汚い言葉で私の事をなじられました。「私、怖くて、怖くて・・でも『いけないいけない!負けちゃいけない』と思って
私、おばあさんに、言い返した!言い返した!負けないように汚い言葉で言い返したんです!」
と話した。

小堺が片平にその部屋はその後、代えたんですか?と尋ねると彼女は
「はい!変えました!マネージャーさんが泊まりました!」
と答えたのだ。

香取慎吾

*****
コンサートで歌ってる途中に客席から光る物が見えた。
それは亡くなったばかりの自分の祖母で 感極まり自分のパートを歌えなくなった 。

一回ステージからハケる時木村にその事を言ったら
「見に来てくれたんだよ!」と肩を叩かれた。

*****
目が覚めたら金縛りみたいになってて目を覚ましたら、足が重くなっててベットから足が90度折れ曲がって自分の足が埋まっちゃってるような感覚になって、目を開けたら

後ろ姿の白装束の白髪頭のお婆ちゃんが座ってた・・

好井まさお

*****
好井さんが、若手芸人で集まって鍋をしようという事になり、養成所から1番近い芸人の家に行く事になりました。その芸人の家は、共同トイレに共同玄関というすごく古いアパートでした。鍋パーティーも盛り上がり、楽しい一時を過ごしました。そして、朝方4時頃に好井さんがトイレに行くために、一階へ下りていきました。

すると、なぜか共同玄関の扉が開いていました。そして、その玄関の外で黄色いパーカーを着た男が辺りをキョロキョロしながら、ふらついていました。好井さんと目が合うと『おはようございます』と大きな声で挨拶されました。養成所も近いし、後輩かなと思い、『おはようございます』と挨拶を返したそうです。トイレを済ませ、部屋に戻り、数分すると、今度は同期の仲間がトイレに行き帰ってきました。その同期が部屋に戻ってくると『下で黄色いパーカーを着た奴と会ったんだけど、ピョンピョン跳ねながら挨拶してきたんだよ!』と言い、その同期も後輩かなと思い挨拶したそうです。

それから数時間後、みんな眠りについた後、同期の子が慌てて好井さんを起こしてテレビを見ろと言いました。テレビでは、ちょうど朝のニュースが流れていました。テレビには、その共同マンションのすぐ近くが映っていました。ニュースの内容は、その共同マンションの近所で通り魔事件の報道でした。

黄色いパーカーを着た男が、次々と包丁で人を刺していったそうです。警察の事情聴取によると、その黄色いパーカーの男は

『挨拶を返さなかったから、刺した』

と供述したそうです。

丸山隆平 大倉忠義 村上信五

*****
関ジャニ∞の丸山隆平、大倉忠義、村上信五らが、番組企画で心霊スポットへロケに行ったときのこと。無事にロケが終了しロケバスに乗り込むと、すでに丸山の様子がおかしくなっていたという。

いつもは特にテンションが高い彼が車についているカーテンを頭から被りガタガタと震えているのだ。一体どうしたのかと他のメンバーが心配していると、丸山は「運転手さん! 早く出してください」とタクシーの発進を急かせるではないか。

何かあるなと思った大倉はコンビニでお清めのため塩を購入し、彼にふりかけた。
すると「(口から)キン斗雲みたいなものが出てきた」(村上談)。
丸山本人も口から何かが出た後は「すっきりして肩の荷が下りました」と語る。

白い煙はいったい何だったのか?

山瀬まみ

*****
小学校時代同じクラスの男の子が夜急に家に訪ねてきたんだけど何故か服もボロボロでケガしてた。「どうしたの?」って聞いたけど「今日の宿題が(うろ覚え)」とか何とか言って帰っていっちゃったらしい。

それから1時間くらいして家に電話があって、その男の子の家が火事で全焼して一家全員焼死だったらしい。だから男の子が家に来た時間に生きているわけが・・・。

角田信朗

*****
アンディフグが倒れる2~3日前、練習が終わった後にアンディが急に角田さんに抱きついてきて 「いつもありがとう」と言ってきたから角田さんも「なんだよ急に」と言い返して、 おかしいなと思っていたところにアンディが急性白血病で倒れて亡くなった。

他にも、写真嫌いのアンディは亡くなる前くらいから、やたらみんなと写真を撮りたがっていたらしい。 だから角田さんが「自分が死ぬのわかったのかな」と言っていた。

木村拓哉

1 2 3 4