1. まとめトップ

【理由①】保険会社の慰謝料基準よりも弁護士の基準の方が明らかに金額が高い!

14等級で自賠責保険基準と弁護士基準で3.4倍の差が!?

単純に(上記の表)後遺障害14級で比べてみると、自賠責保険基準:32万円・弁護士基準:110万円となっており、3.4倍も後遺障害慰謝料が変わっています。
これは、後遺障害の慰謝料のみの算定になるため、他の入通院慰謝料や通院付添、将来の手術などを含めると大幅に変わってきます。

【理由②】最近の弁護士費用はほとんどが後払いで初期費用もかからない

今までは、賠償金が増額しなくても、着手金・相談料で費用がかかる上記の料金体系が一般的でした。
しかし、着手金・相談料が払えない交通事故被害者のために成功報酬のみ(後払い)の弁護士が増えてきました。

成功報酬のみの弁護士に依頼して、慰謝料が増えるなら絶対頼むべきですよね。

【理由③】弁護士に交渉を任せるコトで治療に専念できる

ムチ打ち症は忘れた頃にやってくる…

怪我
タイムラグがあって症状が現れる怪我で、最も有名なのはムチ打ち症かもしれません。

ムチ打ち症の正式名称は「頸椎捻挫」あるいは、頸部(ようは首周り)に負う、打ち身・捻挫・骨折もひっくるめて「外傷性頚部症候群」と呼ばれます。 ムチ打ち症は交通事故に巻き込まれて、1ヶ月とか半年といった長いタイムラグを経て自覚症状が出ることもあるわけです。

むち打ちなどを考えると、しっかりと病院に通って検査→治療に専念する必要があります。

交通事故問題が得意な弁護士を探すには

全国の人身事故の発生件数は統計に物損事故件数を含まなくなった昭和41年以降では、まず昭和45年にピークを迎えました。昭和40年代は「交通戦争」という言葉が生まれた時期で、各地で交通事故が多発しています。

出典https://www.jicobengo.com/bengo

分野別に交通事故の弁護士を探すことができます。

都道府県から交通事故の弁護士を探す

1 2





attnetsさん