14等級で自賠責保険基準と弁護士基準で3.4倍の差が!?

単純に(上記の表)後遺障害14級で比べてみると、自賠責保険基準:32万円・弁護士基準:110万円となっており、3.4倍も後遺障害慰謝料が変わっています。
これは、後遺障害の慰謝料のみの算定になるため、他の入通院慰謝料や通院付添、将来の手術などを含めると大幅に変わってきます。

出典交通事故は弁護士基準で慰謝料が大幅に増額!? | 交通事故弁護士相談広場

次へ