個人契約サイトには以下2種類(もしくはその両方)があります。

その1)教師を募集する掲示板

その2)生徒を募集する掲示板

尚、個人契約は高時給で生徒を見つけられることもありますが、

競争が激しすぎて生徒が見つかりにくい

のが難点です。個人契約の依頼は忘れたころに来ます。家庭教師会社への登録も同時に行って、気長に待ちましょう。

家庭教師会社に登録して「指導経験」をつくって、
その「指導経験」を個人契約サイトのプロフィール欄に記載して、「高い時給」で生徒を募集するのが定番スタイルです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

家庭教師バイト探しの注意点(時給・学歴・個人契約など)

家庭教師のアルバイトを探す際の注意点などのまとめ。時給や学歴、個人契約などについても。

このまとめを見る