“完食せねば”と一種の強迫観念を持ちながら店内で食べるのとは違って、どんぶりに好きなだけよそって食べられる鍋二郎は別の意味で格別

出典第93回 ゆきぴゅージロリアンへの道〜鍋二郎に挑戦の巻〜 ゆきぴゅーの タダでごはん

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ラーメン二郎をテイクアウト!?鍋二郎が凄すぎる!

あのラーメン二郎を自宅で!屋外で!そこにギルティはない!フリーダム二郎!鍋二郎でマシマシパーティ!※この記事に関する情報は2015年2月現在のものです

このまとめを見る