1. まとめトップ

複合機の “印刷” における便利機能をおまとめ!

印刷時の便利機能とは…例えばサイズ指定変倍!当まとめでは上述しているような印刷時における便利機能についてをまとめてみました。

更新日: 2015年02月25日

HikakuQueenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 601 view
お気に入り追加

“その1”
1セット2コピー

1セット2コピー機能とは、本などの見開き原稿を2ページに分割してコピーする機能です。「枠消去」機能と組み合わせることで、綺麗なコピーにすることが出来ます。

通常、コピーする本が分厚かったりすると影が出てしまったり、見開きをコピーすると上下が逆になったりとのミスを生じさせます。A4の書類等に同一サイズで本や雑誌のコピーを資料添付したい場合などに便利です。

“その2”
2色刷り

2色刷りとは、カラーの原稿を、黒+赤などのもう1色を含めた「2色」でコピーする機能です。
通常、有彩色部をレッド・グリーン・ブルー・シアン・マゼンタ・イエローの6色の中から1色の濃淡表現に置き換えて印刷します。
しかし、これではコピー代が高いため、フルカラーコピーが出来ない場合などにこの2色刷りを使用します。


強調したい個所だけ色を変えたり、全体の色調をモノクロームな感じにしたりする場合など「2色刷り」だけでもいろいろ出来ます。

“その3”
N-Up印刷

N-Up印刷とは、複数のページデータを1枚の用紙に均等に割り付けてプリントすることができる機能です。複数のページデータを1枚の用紙に均等に割り付けてプリントすることができます。

写真などを一覧したい時や、用紙を節約したい時に役立ちます。 両面プリントを組み合わせれば用紙の節約に更に効果的です。

“その4”
カードスキャン

カードスキャン機能とは、免許証など、各種カードの表裏を別々にスキャンして1枚の用紙に並べてコピーすることができる機能です。

手間が省けるばかりでなく、きれいにコピーでき、さらに用紙やカウンター料金の削減にもつながります。 また、用紙サイズに合わせて自動拡大縮小も可能です。

“その5”
サイズ指定変倍

元の寸法と出来上がりの寸法を指定し、それを元に適切なコピー倍率を自動で計算・設定し、縮小/拡大する機能です。

事務機能などでは一番使用する頻度の高い機能かもしれませんね。

以上、複合機の印刷における便利機能をおまとめでした。

1





HikakuQueenさん

このまとめに参加する