1. まとめトップ

キャッシング審査が通りやすい情報を分かり易く解説

お金を借りたい!そんな方はキャッシングを利用するのが手っ取り早いですね。キャッシングでお金を借りる場合審査が必要です。この審査について分かり易く解説しました。また審査の甘いキャッシング、ローンなどの情報もございます

更新日: 2015年02月24日

kinyumanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3518 view
お気に入り追加

キャッシングの審査でお悩みの方にお役立ち情報

キャッシングの審査はどのようにして行われるのか?

そして審査に通る人と落ちる人の違いは一体どうなのでしょうか?

これからお金を借りたいと思っている方に申し込みから審査、融資契約までの流れや仕組、審査基準について分かりやすくまとめてみました

キャッシングの審査とは?

キャッシングの審査とはキャッシングでお金を借りる場合に行われる「返済能力のテスト」と言います

ようするにキャッシングでお金を借りようと申し込んだ人が返済能力があるのか、無いのかを審査(テスト)するわけです。

なので返済能力の無い人にお金を貸す事はありません。

何故なら、お金を貸す立場(金融会社)からすると返済不要の人に間違ってお金を貸してしまうと後で貸し倒れリスクを負ってしまうからです。

将来的にしっかりと返済が出来る人に金融会社はお金を貸したいわけです。

その為にキャッシングの審査をするわけですね!

キャッシング審査で有利な人のタイプと不利な人のタイプは?

一般的にサラリーマン、公務員等はは毎月安定した給料を貰っているし社会的な責任があるのでキャッシングの審査では有利です。

つまり会社組織や国の組織に属しているので社会的信用を損なわないようにしっかりと返済する人が多いからです。

だからサラリーマンや公務員は評価が高いです。

ちなみにサラリーマンの場合は勤めている会社が大手であればあるほど有利といえます。

一方で、アルバイトやパートに代表されるいわゆる「フリーター」などは審査に不利とされておりました。

やはりサラリーマンや公務員に比べて収入も安定しませんし、社会的責任も小さいからです。

主婦も同様です。

また自営業者は社会的責任はあるかもしれませんが、やはりサラリーマンや公務員に比べると収入が安定しない点から審査では不利とされております

他にも・・・

・定職につかない

・固定電話を持たない

・現在独身

上記の人も審査では不利とされております。
何故なら社会的責任の重さを尺度に金融会社はキャッシングの審査を行うからです

キャッシングの審査の仕組やシステム(分かり易く解説)

☆属性の審査

属性の意味は収入や年齢、性別や勤めている会社、職業、家族の構成等・・・・申込者本人の情報です

金融会社は審査時にまず申込み者の属性を確認し返済能力があるかどうかをチェックします。



信用情報の審査

信用情報の意味はクレジットカードやキャッシング、ローンなどの利用履歴です

この利用履歴を管理しているのが信用情報期間です。

個人のローンやクレジットカードの利用履歴や申込み履歴などの情報がしっかりと保存されております。

なので。。。申込み者が色々なキャッシング会社やローン会社、クレジットカード会社に刈りまくったり、申込みをしまくったりした履歴がしっかりと残ってしまうのです!

また過去にキャッシング、ローン、クレジットカードの延滞や踏み倒しの履歴も信用情報に残ってしまいます。

金融会社は申込み者のあなたが過去に前科(?!)が無いかどうかを信用情報に照会して確認します。

もしあなたに問題があると、信用情報審査で落ちてしまいキャッシングが出来なくなってしまいます

☆書類審査

書類審査の意味はキャッシングの申込みをした人の本人確認書類や収入証明書類の事をいいます。

キャッシングでお金を借りる場合、申込み者が本人かどうかをチェックします。

その時に提出する書類が運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類です。

また場合によっては収入証明の提出も必要です。
申込み者の申告した収入が本当かどうかをチェックする為です

ちなみに収入証明は源泉徴収票や給料明細などです。

申込み時に申告した内容に嘘が無いかどうかを書類を確認してチェックする訳ですね。

キャッシングの審査の内容(書類審査)

キャッシングで行われる審査の内容は各金融会社によって異なります。

しかし、どこの金融会社でも共通しているのが身分証明書が必ず必要となる点です

免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類のコピーは必要となります。


ちなみに、運転免許証やパスポートの場合は顔写真入りなので本人確認が出来ますよね。

一方で健康保険証は職業が分かります。

ところで国民健康保険証の場合だと自営業者かフリーター(アルバイト、パートなど)、無職という事が分かります。


ところで、キャッシングの審査時において本人確認書の提出では国民健康保険よりも健康保険証の方が有利ですね。

健康保険証は定職がしっかり分かり、安定した職業についていると判断されることもあるからです。

キャッシング審査の内容(在籍確認)

そして本人確認書類の提出後は、申込み人の職業や勤続年数、年収などの情報を求められます。

具体的には、申込み人の勤務先の職場に電話をして、本当にその申込み人がその職場で働いているのかどうかをチェックします。

その事を『在籍確認』と呼びます。

そこで心配で気になるのが在籍確認ですよね?!


自分の勤めている職場に金融会社から電話をされたらキャッシングでお金を借りている事がばれてしまうのでは・・・(汗)

・・という懸念です。


しかし、その点は心配ありません。

金融会社が在籍確認の電話をする時は「個人名」で電話をしてくれます。

なので決して金融会社の名前で在籍確認の電話はしてきません。

だから安心して下さい!

キャッシングの審査内容(信用情報の照会)

そして、、最後に個人信用情報機関に電話をして、キャッシング申込み人の信用情報を確認します。

キャッシング会社、ローン会社、クレジットカード会社など全ての金融機関の共有データベースでもって、申込み人の

借入状況や過去の延滞歴、金融トラブル(事故歴)、ローンやキャッシング、クレジットカードの申込み履歴などをチェックされます。

ブラックリストかどうかも、この時に分かります。


その信用情報が問題なければ、晴れてキャッシングの融資が出来るようになります!

1





消費者金融、キャッシング、カードローン、クレジットカードなど主に融資の審査情報の記事を詳しく書いております。誰にでも分かりやすく! 
http://www.epac06.org/