1. まとめトップ

ホクロ除去するならここ!レーザー治療のメリットやデメリットなどもまとめました

そもそもホクロの原因って?除去するときに痛みはあるのか?レーザー治療のデメリットは?

更新日: 2015年02月24日

15 お気に入り 202139 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆ホクロが気になる方へ◇

みなさんの体にはホクロがありますか?
ホクロが多い方ですと、体中のあちらこちらにありますよね。
目立たない場所なら問題ありませんが、例えば、顔に大きなホクロがある方ですと、気にされている方が多いようです。
口元の小さなホクロなどは、チャームポイントになると思うのですが、それでも自分ではイヤだと思っている方も多いです。
また、大きな目立つホクロが鼻の上にあるなど、場所によっては、本人にとってそれがコンプレックスになっていることもあります。
ホクロというものは、他人はそれほど気にしていなくても、その方にとってはとても大きな問題だと考えているケースが多いでしょう。
小さな薄いホクロでしたら、お化粧で隠せるものもありますし、本当にイヤだったら今は、美容整形で除去することも出来ます。
コンプレックスを抱えながら生きるよりも、思い切って美容整形でホクロを取ってしまうことも良いでしょう。
特に、思春期のころには顔のホクロについては、とても気になるものですよね。
本人が取りたいと思っていても、日本では「親からもらった体にキズをつけるなんて」という考えがありますから、美容整形はあまり容認されていません。
ですが、成人して自分が働くようになって、自分で稼いだお金で美容整形を受けるのなら親も納得してくれるでしょうね。
さて、美容整形でホクロをとるということにも、実際にはいろいろな方法があります。
外科手術のように、メスを入れて、ホクロを除去する場合は、切開して、ホクロを取り除き、皮膚を縫い合わせます。

◆ホクロが気になる方へ続き◇

電気分解でホクロをなくす方法もありますし、シミ除去と同じ要領で、レーザーでのホクロ除去という方法もあります。
レーザーとは、高周波メスを使って除去する方法です。
ホクロがどのような状態なのか、人によって違うので、カウンセリングでその人に合った除去方法を見つけることが大事でしょう。
ホクロが大きく盛り上がっているケースもありますし、皮膚と同化して平らなホクロもあります。
何ミリもある大きなホクロや、点状の小さなホクロもあるでしょうから、そのホクロに合った施術方法を相談することです。
顔に大きなホクロを持つ方は、それだけインパクトが強いですから、相手にホクロの印象ばかりが残るケースもあります。
せっかく素敵な顔立ちをしていても、視線がホクロへ行ってしまってはとても残念ですよね。
多くの女性が気にしている顔のホクロ、現在では、美容整形で簡単に取れるので、悩んでばかりいないでこうした選択肢もあるということを知っていただきたいです。
コンプレックスを持ちながらでは、せっかくの人生も楽しめないでしょうし、異性関係にも積極的になれないと思います。
美容整形というと、一般的に顔を変えてしまうようなイメージがありますが、鼻を高くするとか、眼を大きくするような特別なことばかりではありません。
ホクロを取るという簡単な美容整形も頻繁に行なわれていますので、気になるホクロがある方は、一度、カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

◆ホクロと癌◇

みなさんは、体に出来ているホクロを気にしたことはありますか?
足や背中など、普段、自分で見えないところにあるホクロでしたら、あまり気にならないものですよね。
特に背中など、見ようとしてもムリですから、あったとしても気にならないですし、他人から「背中のホクロが多い」と言われてびっくりすることもあります。
一方、顔や手や見える場所にあるホクロですと、どうしても気になってしまうものです。
ホクロが気になるので美容整形で取ったという方も実際にいらっしゃいますし、美容整形が身近になった現在、ホクロは、一生、付き合っていかなければならないものでもなくなりました。
顔にある場合、鏡を見るたびに嫌な気持ちになっている人もいれば、自分自身ではすっかり慣れてしまって気にならないという方もいますし、この点においては両極端だと思います。
さて、そもそも、ホクロとはなんでしょうか?
人間の体のなかには、メラニン色素を作り出す細胞が存在しています。
シミなどこれによって生成されてしまうのですが、その細胞が通常のものよりも活発に働いてしまった結果、ホクロが出来ます。
メラニン色素を生成する細胞が働きすぎると、細胞そのものが増えてしまい、ホクロとして定着してしまうのです。
ホクロにも種類がありますが、シミが濃くなったような平たく皮膚と同化しているホクロは、単に色素が増えたものです。
一方、細胞自体が増えると、皮膚が盛り上がった大きなホクロができます。

◆ホクロと癌続きその1◇

ホクロの種類にもいろいろありますが、大きく膨らんでいる、盛り上がっているものは特に目立ちます。
顔の印象さえも変えてしまうような、このようなタイプのホクロを持っている方は、美容整形で除去する方も増えています。
盛り上がったホクロの中が、どうなっているのかと言えば、ケースバイケースで、ホクロの中まで黒い場合もありますし、中は皮膚と同じ色のものもあります。
色素が増えたのか、細胞が増えたのか、その違いでホクロの内側も変わってくるのです。

さて、ホクロと癌の関係を気にする方も多いのですが、通常よりも細胞が増えすぎてしまったら、それは腫瘍です。
悪いものでなければ良性腫瘍と呼ばれ、増え続けて体に悪影響を及ぼすなら悪性腫瘍です。
ご存知の通り、悪性腫瘍はガンのことですよね。
ホクロを美容整形で取りたいと考えている方の中には、見た目のことよりも、癌を心配して処置をしたいという方もいます。
ですが、普通のホクロであれば、多くは良性腫瘍です。
良性腫瘍の場合は放置しておいても大丈夫ですが、まれにホクロの中でも、広がっていったり大きくなっていたりする場合は、病院で診てもらったほうが良いでしょう。
悪性のホクロかどうか、事前に見抜くことは、生命を守るためにも大事なことです。
紫外線の影響で、皮膚ガンの発生率も増えている現在、ホクロが、ただのホクロなのか、それとも癌なのか見極めることが大事で、それは美容整形か病院か、ということになります。

◆ホクロと癌続きその2◇

美容整形では、とても簡単にホクロを取ることは可能ですが、そのホクロが本当に除去してしまって大丈夫なのか、どうか、それは処置をする側で見極めてもらわないと困りますよね。
なぜなら、美容整形では、レーザーを使って簡単にホクロを除去できますが、もし、それが皮膚がんだった場合、レーザーを当ててはいけないのです。
ホクロの取り残しがあったり、レーザーの刺激によって、癌が悪化したり、安易なホクロ除去をすれば、悪化することも懸念されます。
ただのホクロではなく、がんの可能性がある場合は、当然ながら、周囲に転移しないように処置しなければなりません。
美容整形でそこまでしっかり見極めて対処してくれるのかは少し不安ですよね。

自分のホクロが大きく成長しているように感じる、また、普通のホクロではないと感じている方は、美容整形より皮膚科の病院が良いでしょう。
皮膚科に行けば、レーザーではなく、除去手術になると思いますが、縫い合わせても後が残らないようにきれいになる処置もしてくれるでしょう。
場所によっては、手術跡が気になりますので、そこは、どれほどの跡が残るのか、事前に確認したいところですね。
もともと、美容整形などでは、見た目をきれいにすることがメインですから、除去跡のことを考えると美容整形のほうがよいと思ってしまうかもしれません。
ですが、ただのホクロなのか、悪性腫瘍の可能性はあるのか、それによって違ってきますから、どこで診てもらうか、最後は本人の選択でしょう。

◆ホクロのレーザー治療◇

美容整形がとても身近になった現在、多くの女性が美容整形に興味を持っていると思います。
二重にするなどちょっとした整形を「プチ整形」と呼ばれていますが、それくらい気軽に受けられる施術として美容整形は人気がありますよね。
ファッション雑誌など、女性向けの雑誌でも、美容整形が特集されていることもありますし、美容関係の本では最新の美容整形についても知ることが出来ますので、昔と比べて、親しみやすくなっていると思います。
以前から簡単に受けられる美容整形のひとつに、レーザー治療というものがありましたよね。
私も実は10年ほど前に、レーザーでシミ除去を受けたことがありますが、とても簡単な治療でした。
レーザー治療とは、シミやホクロを取る方法で、昔と比べて料金もだいぶ安くなってきたようです。
現在も、レーザー治療によって、シミやホクロを除去する方が増えています。
費用が安くなったこともありますが、美容整形を受けることが恥ずかしいことではないという世の中の風潮にも押されてのことでしょう。
テレビ番組で美容整形を特集したものもありますし、それを見て勇気をもらった方も多いでしょう。
女性がきれいになって、自分に自信を持って生きることは、美容整形という手段を使ったとしても、それが肯定される時代になったのだと思います。
さて、レーザーとは、ご存知の方も多いと思いますが、人工的に作り出した光のことです。
それをシミやホクロに照射して、除去するのですが、このレーザー治療の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

◆ホクロのレーザー治療続きその1◇

美容整形などで行なわれているレーザー治療とは、細胞の中の水分を反応させ、蒸発させますので、レーザーを当てた部分は、シミやホクロが蒸発するようになくなっていきます。
レーザーの種類の中でも、ホクロ除去には炭酸ガスレーザーというものが使われていますが、シミなどには、Qスイッチレーザーというものが使われていて、レーザーの種類が違うのです。
炭酸ガスレーザーで削って、Qスイッチレーザーでさらに色素細胞を破壊すると、盛り上がったホクロも跡が残らないように処置できます。
これらを併用している美容整形もありますし、どちらか一方しかない美容整形もありますから、クリニック選びの際は参考にしてもよいでしょう。
炭酸ガスレーザーは、医療現場で使われていたレーザーメスですが、出血もなく簡単にホクロを除去できることから、最近では多くの美容外科にも装備されています。
また、電気メスと呼ばれている、高周波発生装置は、電流で発生した熱を当てて、ホクロを蒸発させなくします。
このケースは出血もありませんので、傷も残りにくいです。
麻酔を使うクリニックもありますので、痛みに対して弱い方、怖くて身構えてしまう方は、麻酔が使えるのかどうかクリニックで確かめましょう。
また、色素に反応するレーザー治療は、種類が他にもあります。
例えば、宝石のルビーなどを使った、レーザーもあるのです。
万能に見えるレーザーですが、レーザー治療は、ホクロ除去に関して、どのようなタイプにも有効なのかと言えば、そうではありません。

◆ホクロのレーザー治療続きその2◇

レーザーが有効とされるのは、直径が5ミリ以下であること、また、ホクロが平らであることです。
例えば、ポツポツと小さい点のようなホクロが顔にたくさんあるという方でしたら、レーザーがおすすめです。
また、顔など、傷跡をあまり残したくないところにもレーザーがおすすめです。
ですが、大きいホクロの場合、また、盛り上がっているホクロの場合は、レーザーがホクロの根の部分まできちんと届かず、取り残しが出来る場合があります。
ですから、このようなケースでは、美容整形であっても、メスを使って切除手術をすすめられると思います。
もし、大きなホクロを、ムリにレーザーで除去しようとすれば、皮膚の中、深くまでレーザーを当て、皮膚をえぐる形になってしまいます。
そうなれば、皮膚が凹んで傷跡として残ってしまうでしょう。
レーザーなのか、メスを使って切除なのか、それは、ホクロの状態によっても違ってきますので、カウンセリングできちんと施術の方法を話し合ってから行ないます。
どちらにせよ、目的はきちんとホクロが取れることと、傷跡が残らないことが大切ですから、皮膚科、クリニック、美容整形など、自分の希望に合った施術をしてくれるところを選びましょう。
美容整形でホクロを取ったり、シミを取ったりすることで、女性のみなさんがきれいになり、自信を持って人生を楽しめるようになることは、素晴らしいことだと思います。
ですから、悩んでいる方は、その時間がもったいないです。
早めにカウンセリングを受けるとよいでしょう。

◆レーザーでのホクロ除去の経過◇

美容整形でホクロを取りたいと思っている方、その跡の傷がどれくらい残るのか不安ですよね。
シミ除去の場合もそうですが、せっかくシミやホクロが取れたとしても、顔にキズが残ったらイヤですからね。
美容整形では、レーザー治療でホクロを取るケースが多いですが、実際、どれくらいきれいにホクロがなくなるのでしょうか。
「ホクロは取りたいけれど、傷跡が顔に残るなら、ホクロのほうがまだマシだ」と思う方が多いのは当然です。
ですから、反対に「傷跡が残らず、きれいになるなら、ホクロ除去をやってみたい」と考えている方がほとんどなのです。

一般に、直径が3ミリくらいまでのホクロでしたら、美容整形などのレーザー治療で、傷跡もなくきれいに仕上げられるといわれています。
そもそも、レーザー治療は5ミリ以下のホクロに対して有効な手段だといわれていますので、大きいホクロに関して、レーザーはおすすめできません。
レーザーの特徴として、一度の治療でホクロが取れ、肌が回復してくれば、半年後には治療跡も目立たなくなります。
では、ホクロを取ったあと、肌はどのように変化してくるのでしょうか?
レーザーで除去したあと、患部にはテープを貼り付けてあります。
人によっては、少し出血していることもあります。
その後、傷と同じようにかさぶたになりますので、1週間もすると、そのかさぶたがはがれてきます。
1ヵ月後は、周囲の肌に比べてやや赤みがあり、少しだけ凹んでいる状態になってきます。

◆レーザーでのホクロ除去の経過続き◇

美容整形などで行なったレーザーでのホクロ除去の後、三か月くらいで、赤みが引いて、肌色が戻ってきます。
さらに、半年後は、へこんだ部分も盛り上がり肌が再生します。
以上のような流れで、半年経てば、目立たなくなり、一年後は、傷跡が見えないくらいに回復します。
ですが、これは、小さいホクロの場合で、大きなもので5ミリ以上になると、レーザー治療のまえに、悪性腫瘍かどうかの検査も必要となってくるのです。
また、大きさで言うと5ミリ以上は、レーザー照射で取り切れない場合も多いですし、1センチを超えたホクロはレーザーよりもメスによる切除が向いているでしょう。
ですから、一回のレーザー治療で終わらせること、傷跡が目立たなくなることを条件にすれば、対処できるホクロは直径5ミリ以内で、平たいものに限ります。
それでも、レーザー治療を希望する方においては、治療回数が増えれば、傷跡も残りやすくなることは、覚悟しなければなりません。
根が深ければ深いほど、何回かに分けてレーザー治療をしなければならなくなりますし、肌に与えるダメージも大きくなるでしょう。
レーザーは細胞を蒸発させますから、根が深い場合は、肌の奥まで、くぼませてしまうことになります。
ですから、ホクロの種類によっては、メスで切り取る方法が最善となるケースもあるのです。
このように美容整形のレーザー治療というものは、簡単な治療というイメージがありますが、ホクロの大きさによっては、簡単な治療ではないことがお分かりになったと思います。

◆ホクロ除去と保険◇

みなさんは、自分の体に出来たホクロを取りたいと思ったことはありますか?
見えないところでしたら良いでしょうが、顔にあるホクロは、男女問わず、誰でも気になるものです。
女性の場合は、ホクロをシミ同様にお化粧で隠そうとしている方も多いと思います。
場所によってはホクロがチャームポイントにもなるでしょう。
ですが、当事者にとってみれば「このホクロがなければいいのに」と思っている人が大半です。
他人からしてみれば、それほどのことではないとしても、自分にとっては、そのホクロがあることで、ずっとコンプレックスに感じている方も多いです。
最近では美容整形外科などを気軽に利用する方が増えていて、中にはシミをレーザーでとったり、ホクロ除去をしたり、コンプレックスをなくすために施術を受ける方も増加しています。

美容整形でホクロを取る場合、やはり、気になるのはその費用だと思います。
美容整形ですから、病気ではないので、保険の適用にはなりませんから、すべて実費で支払うことになります。
一般的に、直径5ミリくらいまでのホクロでしたら、5000円から10000円と言ったところでしょう。
ホクロ除去の場合だけでなく、シミ除去の場合もそうですが、レーザーの照射回数が一回あたりいくらか、これはクリニックによって違っています。
照射回数ではなくて、ホクロの大きさで費用を決めているクリニックもあります。
ですから、患部が大きければ大きいほど、照射回数も増えて、その分、費用がかかってしまうのです。

◆ホクロ除去と保険続きその1◇

ホクロ除去の費用はケースバイケースで違ってくるのと、クリニックの料金設定がそれぞれ違っていることで、一概にはいくらだとは言えません。
施術料のほかにも、薬代とか、事前のカウンセリング料金が別途、必要になることもあるので、クリニックを決める前にきちんと確認しておきましょう。
そして、除去したいホクロを指定して、これならいくらぐらいかかるか、見積もりももらっておくと安心ですね。
価格競争も行なわれているので、数ある美容整形の中でも、一段と安い料金を打ち出しているクリニックをたまに見かけますが、あまりに安すぎても不安になってしまいますよね。
やはり、実績や経験があるクリニックを選びたいですから、ネットで評判なども調べてみるとよいでしょう。
予想外の料金を請求されたとか、傷跡が残ってしまったなどの問題が発生しているクリニックは、ネットですぐにそのような口コミが流れますので、事前にリサーチすることも大事でしょう。
また、料金設定では多くのホクロを取りたい人に割引をしてくれるクリニックもあるようです。
1個だけなら正規の料金ですが、何個以上だと割引してもらえるなど、クリニックによってサービスも違うので、顔のあちこちに出来たホクロをすべて除去したいのでしたら、一度にお願いしてもよいと思います。
美容整形ですので保険が利かないとお話しましたが、ホクロの中には、例外で保険適用になるものもあります。
保険が適用されるのは病気と同じく、ホクロが悪性のものであったり、日常生活に支障が出るものだったりします。

◆ホクロ除去と保険続きその2◇

1 2