1. まとめトップ

複合機の “中古購入” のメリットとデメリット!

複合機を中古購入する場合のメリットとデメリットをまとめてみました。

更新日: 2015年02月25日

HikakuQueenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 786 view
お気に入り追加

メリット

コピー機本体価格は新品と比べかなり安い事です。
短期利用で壊れたら処分するのであれば中古がオススメです。

中古の複合機を購入する際のメリットとして、中古の複合機を購入するということは、新品の複合機を購入するよりも安価に購入することができるということです。

中古購入なら最新機能でなくてもオフィスに必要な機能が整った複合機を手ごろな価格で購入する事が出来ます。

新品の複合機を買うときは高額な費用が必要になりますよね?
でも、中古のものであれば、最新機能でなくても会社にとって必要な機能が揃っている複合機をお手頃な価格で購入することが出来ます。

さらに、購入した複合機を長く使用する場合には、新品商品の購入やリースよりもずっと安い価格で会社に複合機を取り入れられる事ができるのです。

中古購入のメリットは、やはり安価で購入できるところにあるようですね。

デメリット

その複合機は過去にどこかのオフィスで使われたもの。
トラブルを起こしやすかったり、故障しやすい可能性もあります。

過去にどこかの会社などで使われたものがほとんどです。
トラブルをお越しやすい可能性も考えられます。

中古のデメリットはカウンター料金が高く、新品と比べ通常の2倍~4倍程度です。メンテナンスは販売店が担当しており、販売店によって対応エリアが狭い事や対応が遅い、悪い事もあります。

また、中古コピー機は3年落ち、4年落ちの製品であるため、長い期間使う事はできないと考える方が良いかと思います。

ここもやはりというべきか…デメリットはトラブルや故障を起こす可能性が高いという点にあるようですね。

総合的に考えると…?

ここまで中古での複合機購入のメリット・デメリットをまとめてきました。
確かに故障やトラブルを起こしやすいという点で考えれば中古購入は敬遠しがちですが、
複合機自体の使用頻度が少ない場合などは中古での購入を検討してみるのもよいかもしれません。

反対に月に何千枚も印刷する必要がある場合や使用頻度がとても高い場合は、
いくらメンテナンスが無料といえど、中古購入は控えたほうがよいように思います。

あなたの会社にあった選び方を。。

1