1. まとめトップ

まるでSFの世界!「アゼルバイジャンの首都」が凄い事に!

今世界で一番バブリーな国アゼルバイジャン。最近ネットで話題ですが、まだまだ知らない方も多いと思うのでまとめてみました。

更新日: 2016年07月09日

6 お気に入り 24407 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mancheiさん

アゼルバイジャンが今世界で大注目をされています、その訳とは?

アゼルバイジャンは、ヨーロッパとアジアの境に位置し、多様な文化や歴史がとってもユニークな資源豊かな国。

公用語:アゼルバイジャン語

首都:バクー

人口:9,383,700人

面積:86,600km2

大統領:イルハム・アリエフ

旧ソビエト連邦の共和制国家。
東ヨーロッパに含められることもあります。
北はロシア、北西はグルジア、西はアルメニア、南はイランと国境を接し、東はカスピ海に面しています。

もっかいアゼルバイジャンに行きたいなーとか最近考えてる。今度は単なる留学ではなく仕事とか、研究として。やっぱり刺激も多いんだろうな。

まこちゃんのせいでアゼルバイジャンが脳内から離れなくなったから後で落とし前をつけてもらおう(ニッコリ

go.valuesv.jp/VXj 第2のドバイ!「アゼルバイジャン」の発展ぶりがスゴい( ?Д?)

あ、エンゼルパイじゃん! あェンゼルパイじゃん… あぜるばいじゃん… アゼルバイジャン!!! ソーレッ☆ ダダダダダダダ ここ!アゼルバイジャン!! っていうスレあったの思い出しながらエンゼルパイを食べるそんな深夜 pic.twitter.com/BTw2MxvYBe

「世界一バブルな都市」と呼ばれる首都バクーには今、世界各国から人、物、金が集中。

バクーは今、建設ラッシュの真っ只中なんです。

フレームタワー(炎の塔)や、ヘイダル・アリエフ文化センター、フルムーンホテルなど。

炎の塔と呼ばれてるフレームタワー

世界一の高層ビルまで建設中!

アゼルバイジャンの不動産会社であるアベスタが、高さ1050mの超高層ビル「アゼルバイジャンタワー」の建設を計画しています。早ければ18年に竣工する予定です。

ドバイのブルジュハリファを抜く高さで完成後は世界一の高さになると言われています。

2020年の脱石油・産業の多角化を目指し、「世界でもっとも優れたビジネスセンターを建設する」と発表

パリの町並みまで作っちゃう!!

★★どうしてこんなにバブリーなのか!

もともとシルクロードの中継地として人や物が行き交い、繁栄してき国ですが、

最近では、カスピ海の油田やガスなど豊かな天然資源により、経済が復活し、大発展してきているのです。

ドバイを意識したアゼルバイジャンのこれからの都市計画とは

アゼルバイジャンがドバイの脱石油ロールモデルを参考に、ドバイとはまた違った方法で、「ストラテジック・ボックス」を作っています。

世界有数の産油国であるアゼルバイジャンは、石油と天然ガスからなる資金力で、新しいビジネスセンターの建設に乗り出したのです。

エネルギーハブとして機能すべきアゼルバイジャンは優れたビジネスセンターの建設が急務である為、

ヘイダル・アリエフ国際空港からバクー市内までの道のりを全面大改造の巨大都市計画が動き始めました。

その名は「Heydar Aliyev Avenue」

都市コンセプトはもちろんカーボン・ニュートラル。石油を一滴も使わない都市づくりはまたさらに大きな歴史的一歩を踏み出します。

様々なプロジェクトでドバイを追い越す気満々のアゼルバイジャン。
その為の規模の凄さとスピードの速さが半端じゃないです。
これからますます進化していくアゼルバイジャンの変化が楽しみです。
いつか旅行に行ってみたいですね!

1 2