1. まとめトップ

薬剤師の転職・求人サイトの賢い利用法

薬剤師の転職・求人サイトの賢い利用法、薬剤師求人・転職サイトの一覧比較、転職・求人サイトの利用におけるポイントチェックをまとめています。

更新日: 2017年10月03日

hidekuraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 825 view
お気に入り追加

薬剤師転職コミュニティ

不安を解消してくれる就職支援の薬剤師求人サイトのメリット

登録することで、一般公開されていない求人先等も紹介してもらえます。

キャリアコンサルタントはその道のプロ。
長年との調剤薬局とのつきあいがあります。
ですので薬局の内情や近況、雰囲気等の生きた情報も入ってきます。
場合によっては、薬局を事前見学できる場合もあります。

その道の交渉力やコーディネート力に長けたプロが対応してくれます。
言いにくかったり、面倒な条件交渉も仲介してくれます。

賢い薬剤師求人サイトの利用方法

自分がなぜ転職を希望しているのか、どんなことに不安を感じているのか、どのような職場で働きたいのかというようなことについて、大まかでいいのでまとめておくことが大切です。
途中で気持ちが変わることもあるかもしれませんが、まずは考えてまとめておくことが大切です。

多角的、立体的に情報を集めるためにも、薬剤師求人サイトへの登録は、2~3箇所は登録した方が良いでしょう。
お互いに比較することもできますし、相補的に利用することができます。
大手として、「マイナビ」、「薬キャリ」、「リクナビ」の少なくともどれかは1つ入れたいところですが、+αとしてこれ以外の薬剤師求人サイトにも1つ2つ登録することがお勧めです。
情報収集というのなら良いのですが、登録し稼働するのは3つぐらいにしておいたほうが良いでしょう。欲張って6つも7つも登録し動くと、案件がダブったり面接日が重なったりで対応できなくなってしまいます。

キャリアコンサルタントには、自分の希望や状況を正確に伝えると同時に、電話でもメールでも良いので連絡をとることです。連絡をこまめにすることで、希望や性格も理解してくれ、自分に合ったより良い就職先・転職先が紹介される確率が高くなります。また素早く対応してくれるようになります。

薬剤師の働き方の選択

注意すべき薬剤師求人サイト・コンサルタント

薬剤師求人サイトやキャリアコンサルタントは、大方が親切でサービスも良いのですが、やはり中には注意したほうが良かったり、自分に合わないといったものもあります。
そんな注意ポイントをあげてみました。

1.話をあまり聞かずに仕事を斡旋してくる
2.面接までの期間が異様に早い
3.競合のデメリットばかりを強調してくる
4.対応が遅い
5.転職先について聞いてもマイナス面は一切言わない

薬剤師の就職・転職の不安

* 就職先や転職先での環境や待遇の変化。
* メーカーや研究機関の人の場合、調剤未経験で大丈夫か
* 子育てなどで長い間ブランクがある場合、転職できるのか

失敗しない薬剤師の転職方法を教えて下さい!

転職する際にチェックしておくポイント

未経験、年齢、ブランク、人間関係等

人間関係、休みが少ない、給料が安い、通勤が大変、生きがいを感じられない等

キャリアアップしたい、給料が良い、休日がしっかりとれる、家に近い、人間関係等

再度考えることも大切で、優先順位やMUST条件なのか、WANT条件なのかも整理し、場合によっては転職を見送るという選択肢もある。
また、表向きはキャリアアップしたいということでも、しっかり考えると、そう思うに至った不満が隠れている場合もあるので、しっかりとみつめなおすことも大切です。

1





健康・美容・賢脳について、薬剤師がまとめていきます。
薬事広告関連に関しても詳しいです。