1. まとめトップ

『上野東京ライン』開業に命運賭ける!?足立区の取り組みがハンパない...

2015年3月14日、『上野東京ライン』の開業が注目を集める中、悪いイメージの強い足立区の払拭運動へのチカラの入れ方がすごかったので紹介します。

更新日: 2015年03月14日

1 お気に入り 6348 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gyorimamaさん

足立区のイメージというと...

足立区は「運転が荒い」などの悪評が絶えず、その意味でも地域のイメージを落としている

日本の危険地帯っていうと、完全にイメージなので実際に住んでる人には申し訳ないけど、 筑豊、足立区辺りがパッと思い浮かぶ。

その結果・・・

とのこと。なぜでしょうか?

足立区が注目されている理由とは...『上野東京ライン』の開業!

もともと北千住駅は東武鉄道の主要駅のひとつでもあり、交通の便は都内でも指折りの場所だった。つくばエクスプレスや東京メトロ日比谷線・千代田線などが通り、東武鉄道が運行する浅草駅発着の特急スペーシアがすべて停車する。加えて、09年からは地下鉄千代田線を介して小田急ロマンスカーも発着するようになったとのこと

特に大きな要因とされているのが、足立区ナンバーワン繁華街である北千住の利便性向上だ。

2015年3月14日、上野東京ラインが開業する。これにより宇都宮線・高崎線・常磐線の列車が東海道本線を介して品川駅まで乗り入れるとのこと

そうした鉄道体系の変化は、観光客の行動を変え、北千住に経済効果をもたらす。北千住の商店街では、3月14日を前に期待が高まっている。

▼つまりはこういうことだ

最も大きな変化は、まず熱海・伊豆へと走る特急列車「踊り子」が臨時列車扱いながら千葉県の我孫子駅まで乗り入れることだ。もちろん、北千住駅にも特急列車「踊り子」は停車する。

北千住からは日光・箱根・熱海伊豆といった日本屈指の観光地に行くことができるようになったのである。

北千住駅から乗り換えなしで、栃木県の日光・鬼怒川温泉へ行くことができる。

東京メトロ千代田線から小田急線へ直通するロマンスカー「メトロはこね」が平日1往復、土休日は2往復走っており、乗り換えなしで箱根湯本まで行く事ができる。

「上野東京ライン」を活用し、我孫子~伊豆急下田間に臨時の特急「踊り子」号が運行されることになった。

さらに、足立区によるネガティブイメージ払拭への取り組みがすごい!

足立区のネガティブイメージとして、具体的には

足立区の住宅街では夜間に公園にたむろする若者たちが遊具などを破壊する事件が頻発し、近隣住民から「怖くて、夜は外出できない」と苦情が出ていた

▼それに対する対策として

09年に若者だけが聞こえる不快音「モスキートーン」を発する機器を公園に設置して、若者が公園に長居できないような策を講じた。

足立区、ハンパねぇwww

1 2