1. まとめトップ

ロードバイクだけど荒れた道でも気にしない⁉︎
どこまでも突き進もう!

”ロードバイクブーム”もひと段落した今、速さを求めるだけではない、新しいロードバイクの楽しみ方が注目されています。純粋に自転車に乗る楽しさを追求した”グラベル”ロードバイクで思い切り自転車ライフを楽しんでみませんか?

そもそも”グラベル”って何?

そもそもグラベルロードバイクって何?という方に簡単なおさらいを。
 
 2014年モデルとして、ジャイアントのような大手メーカーが積極的にラインアップに加えたことから、急速に知名度をあげた自転車のカテゴリーが「グラベルロード」である。読んで字のごとく、グラベル(砂利;gravel)の道も走ることができるロードバイクのことを指す。

 未舗装路を走る自転車というと、マウンテンバイクを連想する人が多いと思うが、ドロップハンドルを採用していることからも分かるように、こちらはロードバイク寄りの性格が与えられたカテゴリーだ。「100kmを超える長距離を走りながら、ときには未舗装路へも踏み込む」といった使い方を想定して作られた自転車なのである。

 ということで、定義的には自動車でいうSUV車のような性格の自転車を指すようです。いわゆるスポーツ的な乗り方に疲れ、もっと自由に趣味として自転車を楽しみたい方のセカンドバイクとして選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

グラベルロードの定義とは?

これには厳密な定義は無さそうなのですが、一般的には

ドロップハンドル
アップライトなポジション
やや太めのタイヤ(28〜35C程度)
ディスクブレーキ搭載
頑丈なフレーム設計

 等が挙げられるようです。様々なシチュエーションに対応できるタフな作りが良いですね!

なぜ今グラベルロードなのか?

ブームに後押しされてロードバイクを買ってはみたものの、いざ本格的に乗ってみるとロードバイクって色々と大変な乗り物だって思われた方、いませんか?
 
 現在ロードバイクのフレームはカーボン全盛ですが、取り扱いは本当に大変です!転倒したら即廃車のリスクはありますし、ちょっと立て掛けておいた隙に、風で煽られて転倒→破損なんてこともあります。(事実筆者も洗車中に倒れてフロントフォークポッキリなんてことがありました‥)
 
 ロードバイクは速く走ることに特化したマシンですので、決してコンフォートな乗り物ではありません。昨今ではスポーツカーのようにガチガチの剛性のフレームが多くなっています。勢い余って荒れた路面に突っ込んだりした時には、それはもう凄い衝撃が全身に走ります。速く走る為にフレームの剛性が高くなっているからです。
 
 そしてあの細いタイヤ(19〜23c)は舗装路を高速で走ることを想定して作られていますので、砂利、段差等のイレギュラーには滅法弱いのです。ロードバイクで走っていて、え?こんなにアッサリ滑るの⁉︎って怖い思いをした経験はありませんか?さらにパンクのリスクはどんなに気を付けていても避けられません。空気圧に気を配っても、一般道では道路上には鋭利な石ころ、釘等色んなものが散乱していて全てを避けるのはほぼ不可能です。パンクする・しないは運の要素も大きく、ベテランだから絶対にパンクしないってことはありません。(勿論パンクの回数は減りますが)


 これらのネガティブな要素を犠牲にして得たロードバイクの走行性能は、サーキット等でのレースでは本当に気持ち良く走れますが、同時に走るシチュエーションは限定され、いつでもどこでも楽しく走れるものではない、というのが筆者の印象です。

”レースで切磋琢磨するだけが自転車の楽しみじゃないよ!もっと自由に景色を楽しんだり自然を感じて走りたいんだ!”

って方にはどこまでも快適に走破できる”グラベルロード”おすすめです!

グラベルロードのメリット・デメリット

グラベルロードのメリットとしては

・高い走破性…これは径が太いタイヤ、ディスクブレーキ等によって実現されています。通常よりも太いタイヤを装着することで、チューブ内のエアボリュームが大きくなりクッション性がアップし、グリップ力の向上、パンクリスクも低減されます。
 昨年頃から本格的に採用され始めたディスクブレーキは雨天、泥道でも安定したブレーキ性能を確保してくれます。

・快適性…これは各社様々な試みで振動吸収性を高めたフレームを設計されていることで得られたものです。純粋なグラベルロードではありませんがTREKのDOMANEなんかは凄い技術ですよね!筆者も試乗してビックリしました。
また、ポジションも比較的アップライトなジオメトリーのものが多く、長時間のライドでも疲労が蓄積し難いのではないでしょうか?

・頑丈さ…勿論上位モデルはカーボンで出来ているものも多く、取り扱いには注意が必要ですが、筆者がおすすめするのは各社のミドルグレードの金属フレームのモデル!純粋に自転車を楽しみたい方にはよりタフな金属モデルでガシガシ乗り倒してもらいたいです。

逆にデメリットとしては

・重量…これは振動吸収を高める為のギミック、ディスクブレーキ等によるところが大きいようです。軽さがウリのロードバイクとしては少し難点‥

・スピード…最近はレースシーンでもタイヤはある程度太い方が路面抵抗が少なく速い!ということで徐々に25cタイヤが浸透してきていますが、流石に28c以上は路面抵抗が増し速度が中々上げ難くなるようです。まぁそんながむしゃらにスピード求めてないし‥むしろ街乗りでは十分速いです!

・メンテ性…ディスクブレーキはまだロードの世界では歴史が浅く、プロショップでも適切な調整をしてくれないケースが多い様です。ローターの歪み等のトラブルもまあまああるようですので、信頼できるショップを探す必要性があるかと‥現状では通常のブレーキセットを使う方がよりストレスフリーかもしれませんね!



ざっくりこんな感じでしょうか?やっぱりメリットの方が断然大きいですよね!それではおすすめの各社グラベルロードを紹介していきます!

”おすすめグラベルロードバイク9選!”

まずは筆者大注目のこの一台!まさにグラベルロードって感じの一台です。32cタイヤ&DISCブレーキ搭載で貴方をどこまでも連れて行ってくれることでしょう。シペシャライズドお得意のZertzで振動減衰も高めていますし、標準装備のコブルゴブラーシートポストも何気にポイント高いです。一時期大人気で入手困難でしたからね…
 上位モデルにカーボンフレームのものもありますがガシガシ使いたいならアルミモデルをお勧めします。またこのモデルはyoutube等でもかっこいいプロモーションが見れますので気になる方はチェックしてみてください!

こちらはカーボンフレームですが個人的に気になる一台です。scottってどのモデルも価格設定は一見高く感じるんですが、実は妥協や見えないところでコストダウンみたいなヤラシイことはしてなくて、価格対比性能はピカイチって感じですよね。コスパはかなり高いと思います。こちらは某有名店長さんが毎日のようにガシガシ乗ってインプレッションしてくれてますので、そちらを見るとかなり参考になると思います。http://blogs.yahoo.co.jp/ovestboss12

アルミといえばキャノンデールのエンデゥランスモデルです。上位のカーボンモデルにはパワーピラミッドというシートステーに大穴が空いていますがこちらは無しです。厳密には少しカテゴリーが違うのかもしれませんが(あくまでこちらはパヴェ=石畳を含むロングライドを意識したモデル)十分な走破性、快適性を持っている一台だと思います。値段も¥165000と付いているコンポ類を吟味するとお買い得と言えるのではないでしょうか?

トレックのグラベルロードですね。なんとなくまだトレックとしても方向性が定まっていないのか無個性な印象ですが、逆にそれがいいのかな、とも思います。タイヤも標準で32cが付いてきますし、なんといっても価格が¥125000と安い上に生涯保証!トラブルを気にせずに走りたい方にはうってつけかな?とも思います。ただ、ちょっとコンポに不安が残りますかね…

コスパシリーズ(笑)メチャ安です。身体が大きい方は、キャニオンサイトのアウトレットを良くチェックしていただくとたまにとんでもない逸材が出てきますね。そして人とあまり被らない、というのも強みではないでしょうか?ただし、このモデルはある程度自分で整備、調整ができる方に購入をお勧めします。なぜかというとキャニオンというメーカーはちょっと特殊で、オンラインでの直販でしか購入できません。それが安さの秘密でもあるんですが、基本的に他所で購入したバイクを持ち込みで整備はNGだと思うので。しかし、ドイツ本国の組み付けには定評があり、プロチームのメカニック級だなんていう方もいらっしゃいますね。

なんといってもBMC特有の迫力あるフレーム形状が魅力ですよね!シルエットだけでそれとわかるフレームはBMCならではだと思います。こちらは価格は少し高いですが付いているコンポはしっかり選ばれていて妥協無しです。こちらは微細な振動はカットしながらも前へ前へと進む感じが強く、今回紹介しているバイクの中では一番レーシーな味付けかもしれません。速さも重要なファクターだよって方にお勧めです。

こちらはバリバリのレース仕様のモデルですが、遂にDISC搭載ということで紹介します。トレックのDOMANEです。あのカンチェラーラの愛車ですね。このモデルはシートステーが独立しているというとんでもない構造で当時話題になりましたが、是非試乗などで体感してもらいたいなと思う振動吸収性です。そして、実はレース性能を犠牲にしていない、というのもポイントかな、と思います。ただ振動吸収性が高いだけで、踏み込んだ時の反応は完全にレースバイクです。たまにはロングライドでいろんな場所へ走りに行きたい、ブルベも出たい、でもレースでもガンガン走るよ!って方にお勧めです。(但しDISCブレーキは禁止されている大会もありますので注意を)

再びコスパシリーズ!メリダって下手に冒険しないで忠実にいいものを作っていますね。こちらも価格対効果が優れた一台です。さすが世界の自転車工場台湾メイド!

これは筆者が最初にこのカテゴリーに興味を持ったきっかけとなる一台です。ある意味GIANTらしくないというか、GIANTってトレンドセッターだけども心の琴線に触れないというか、購買意欲に欠けるプロダクトが多いイメージだったんですが(失礼)これは見た瞬間惚れ惚れしました。最初の一台にして全てを満たしている一台です。残念ながら写真の仕様は日本では販売されていないのですが、実物は本当にかっこいいです。筆者のGIANTのイメージを完全に払拭したモデルです。

1 2





ロードバイクの魅力にどっぷり浸かったサラリーマンです。私がこの趣味を始めた頃から今に至るまでに得た知識、経験を失敗談も含めて、これからロードを始めてみようという方へ情報を発信していこうと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう