脱毛用のレーザーには、アレキサンドライトレーザーと同様に、エリートアポジーというレーザーもあります。
アレキサンドライトレーザーは効果の高いレーザーですが、この痛みより、エリートアポジーのほうがやや痛みは弱いでしょう。
新しいマシーンなので、患者の肌に合わせて対応できる機能がついているため、痛みもその分、やわらげることができます。
それから、VIOラインをレーザー脱毛するなら、アレキサンドライトレーザーより、痛みが3分の1だと言われているダイオードレーザーがおすすめです。
手や腕、足なら、アレキサンドライトレーザーでも耐えられる程度でしょうが、VIOラインは、さすがに敏感な部分なので、痛みも大きいです。
ダイオードレーザーも痛いことは痛いですが、アレキほどではありません。
一般的に医療用レーザー脱毛と言っても、調べてみるとレーザーの種類も様々で、機種によっては痛みのレベルも変わってきます。
脱毛に伴う痛みについて不安に思っている方は、クリニックでどのようなレーザーを導入しているのか、そこから調べてみてもよいでしょうね。
特に痛みに弱い方は、医療レーザー脱毛の料金だけで比べることのないようにしましょう。
ストレスなくレーザー脱毛を受けるには、やはり事前に調べて比べてみることが大切です。
痛みに耐えられず、ギブアップしてしまうことがないようにリサーチはしっかり行い、クリニックや導入機械をきちんと比較してから決めましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る