脱毛のなかでもVIO脱毛は、デリケートな部分ですから、どこで施術を受けるのか悩みどころです。
エステサロンですと、あまり効果が期待できないという口コミもありますし、そうかと言ってクリニックで受けられる医療用レーザー脱毛は痛みがあると言われています。
特にデリケートゾーンは余計に痛みが増しそうですよね。
医療用レーザーは痛みがあることで知られているようですが、なかには、痛みが少ない機械もあるのです。
ですから、痛みの少ない医療レーザー脱毛をすれば、VIOラインでも、痛みも少なくきれいに脱毛することが可能です。
通常の医療レーザー脱毛のなかでは、アレキサンドライトレーザーが使われているところがあります。
アレキサンドライトレーザーは、黒い色、メラニンに反応する光です。
照射すると、毛根を焼いてダメージを与え、毛が再生する力を奪います。
アレキサンドライトレーザーは、痛みが強い方法だと思っておけばよいでしょう。
そして、日本で最も多く使われているレーザーは、ジェントルレーズです。
このレーザーは痛みがさらに大きいことが知られていて、脇であっても、激痛ですから、デリケートゾーンとなるとそれ以上の痛みを覚悟しておくべきでしょう。
ジュール数はレーザーの威力の強さをあらわしていますが、それをダウンさせれば、効果は弱まりますので、意味がありません。
ジュール数を高くすればそれだけ痛みもさらに増すので、痛みに弱い方には向かない脱毛方法でしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る