「Light・Sheer・DUET」という機械には、吸引システムがあり、照射する部位を吸引しながら、レーザーを当てることで、痛みを減らすことに成功しました。
ですから、ほとんどの部位はこの吸引システムによって、痛みを緩和することができるのですが、あとは、面積が小さく、伸びるような皮膚がない部位です。
できるだけ、この吸引システムを使って痛みの少ないレーザー脱毛ができるようにスタッフも研究や、トレーニングを重ねているそうです。
長い時間、医療用レーザー脱毛の痛みに耐えるのは、いくらきれいになるためでもかなりの苦痛でストレスでしょう。
全身脱毛を受けたくても、痛みのせいで諦めている方が多いと思いますので、そんな「Light・Sheer・DUET」の力を是非、試していただきたいと思います。
これまで他のクリニックで、医療用レーザー脱毛の痛みに耐えられなかった方も、リゼクリニックの最新マシーンでは、快適に脱毛を完了させたという方も多いです。
特に、「Light・Sheer・DUET」の威力が発揮できるのは、背中など広い部位の脱毛です。
通常でしたら、医療レーザー脱毛の前後は、冷却ジェルなどで皮膚をクールダウンさせる必要があるのですが、「Light・Sheer・DUET」でしたら、何も下準備が要りません。
施術した後の腫れなどもないため、脱毛後の冷却も不要なのです。
リゼクリニックでは、このマシーンでの症例数がなんと8万件を超えたそうで、この実績が信頼に繋がり、新たな患者さんも増えているとのことです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る