クリニックでは、肌を冷却してから脱毛するなど、クーリングも合わせて行なっていますし、最新マシーンで痛みの少ないレーザー脱毛も可能です。
それでも、痛みに弱いという方は、笑気ガスを使った施術をしているクリニックもありますので、探してみてはいかがでしょうか。
笑気ガスは、酔った感覚になり、感覚が麻痺しますから、痛みも感じにくくなります。
麻酔クリームを塗ってからレーザー脱毛をするという方法もありますので、痛みに弱い方は正直にその旨を伝えて相談に乗ってもらいましょう。
体の中で、脱毛したいと思う部位は人によって様々です。
一般的な脇や、手足だけではなく、手の甲や、足の指、口のまわり、おでこ、VラインやIラインなど、いろいろな場所があります。
部位によって、レーザー脱毛の痛みは違いがありますし、その感じ方は人によって激痛だったり、少々の痛みだったりと個人差も大きいです。
特にデリケートな部分、ビキニラインなどは、皮膚が薄くて痛みが強くなりがちな部位でしょう。
手や足に比べて、顔の脱毛も以外と痛みが大きいそうですから、自分が脱毛したい部位にはどれくらいの痛みがあるのかも不安ですよね。
医療用レーザーを使うのは、専門のクリニックですから、こうした痛みについてもきちんと相談に乗ってくれます。
脱毛には痛みはつきものですが、麻酔クリームや笑気ガスなど、自分がストレスなくレーザー脱毛ができるように、方法を選ぶことも、最後まできちんと脱毛を完了させる秘訣でしょう。
あまりの痛さに途中であきらめてしまったら、それまでの我慢がもったいないですからね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る