現在の脱毛方法のなかには、激しい痛みが生じる方法もあります。
フラッシュ脱毛のほうが医療レーザーより、痛みが少ないとされていますが、回数が多いため、その分、我慢しなければならない時間が増えることでしょう。
フラッシュ脱毛は施術回数を重ねて始めて脱毛効果が出る方法ですから、痛みを感じる人は、その期間も長く感じます。
それならば、医療用のレーザー脱毛を我慢してしまったほうが早いかもしれません。
体験した人ではないとわからないのですが、レーザー脱毛の痛みの表現によく使われることは「肌の上で輪ゴムをパチンと弾かれたような痛さ」です。
これまでこのような痛みを感じたことがないので、最初は激しい痛みとして感じますが、次第に痛みに慣れていく方も多いです。
不安に感じていると体も余計に構えてしまい、痛みを強く感じてしまうことでしょう。
リラックスして施術を受けられる空間も大切ですし、クリニックのスタッフとのコミュニケーションなども、痛みの感じ方に関係してくると思います。
何でも相談できて、安心してレーザー脱毛を受けられるようなクリニックを見つけることも大切だと思います。
「痛い」と正直に言えない雰囲気があるのも嫌ですからね。
カウンセリングを無料で行なっているところもあるので、その場の雰囲気を確認するには実際にカウンセリングを受けてみることも良いでしょう。
また、最先端の吸引式照射システムを使い、痛みを抑えた医療レーザー脱毛を行なっているクリニックもあります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る