脱毛に興味がある方が一度は検討している施術、それがレーザー脱毛でしょう。
レーザーを使った脱毛ですが、皮膚の上からレーザーを当てるだけ、とても簡単な施術です。
レーザーの直径は0.5センチから1.2センチほどあり、それを皮膚の上に、一瞬、当てるだけです。
脱毛したい部位にこれを繰り返し行ないます。
レーザー脱毛でどれくらいの痛みを感じるかは個人差がありますので、痛くて我慢できないという方もいれば、気にならないという方もいらっしゃるでしょう。
そもそもレーザーで脱毛するというのは、どのようなメカニズムになっているのかと言いますと、毛根を熱で破壊して脱毛するのです。
黒い部分は、光を吸収し熱に変化させますので、黒い毛根は熱によって破壊されるわけです。
レーザーの照射をする際に、バチっとゴムではじかれたような痛みを感じる方が多いです。
一度、行なえば終わりということではなく、数ヶ月の間、何度か繰り返しレーザー脱毛を行なう必要があります。
表に出ている毛は30パーセントだけで、残りの70パーセントは皮膚の下でまだ休んでいる状態です。
黒い色に効果を発揮しますから、毛が出ていない状態ではないと、レーザーも威力が出せません。
ですから、休んでいる毛が出てきたところで、またレーザー脱毛をすることになるのです。
痛みを強く感じる方ですと、何度もレーザー脱毛の施術を受けることが大きなストレスとなり、途中で挫折してしまう方もいらっしゃるようですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

レーザー脱毛の種類、痛みについて☆また、痛みのないクリニックの紹介も♪

医療用のレーザーは、脱毛サロンなどで受ける施術とは効果の高さが違いますよ(^-^)/

このまとめを見る