1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

鳥取砂丘さん

ビモロ(BeMoLo)とは

「ビモロシューズ」は、シューズ、スパイクの合理的ではないバランスやクッションが、故障とストレスを生むことに注目した小山裕史博士が、25年にわたる研究と科学検証を経て、信頼と技術の高い靴製造の技術者と共に、2011年に完成させました。

※ビモロ(シューズ)は、株式会社ワールドウィングエンタープライズの登録商標です。

「ワールドウィングエンタープライズ社」の代表でトレーナーの小山裕史氏が開発。同社のアドバイザリースタッフの中日・山本昌の意見も参考にしてつくられ、山本昌は13年から使用。一般的なスパイクの歯が6本や9本なのに対し、ビモロスパイクは13本でバランス性や瞬発力などを高める。靴裏の3本のライン「ビモロバー」は、7カ国で国際特許を取得。今季からジャイアンツ・青木にも用具提供する。

「衝撃や負荷は悪」のように言われてきた歴史...
土踏まず、踵(かかと)、足指を衝撃や負荷から守れ...
そのために、高い踵(かかと)、柔らかさを追求してきた歴史...
しかし、足の故障も、腰や肩のストレスも減らない...

地球上では「衝撃」「負荷」がなければ、歩く、走る、跳ぶ...の動作はできません。
歩行時でも体重の数倍に増す着地時の「負荷や衝撃」を吸収しようと、
逃がそうとすることに無理があります。

負荷・荷重・衝撃をうまく利用する構造のシューズが出来れば、
着用する・歩く・走ることで身体の関節や筋肉のストレスを除き、
柔軟性、神経と筋肉のコントロール力を高められます。
そして出来たのです!Dreams come true ! それがBeMoLoシューズです。

◇小山裕史博士が、90年代から、既に下記のように書き記していました。それが具現化されたものーそれが「ビモロシューズ」です。

「着地動作では体重が乗る時に母趾球に当たればよいのです。ですから、着地の感覚としてはむしろシューズの外側で着地するくらいの意識を持つ方がよい人もいます。平行、2点着地、そして自然なフラット着地かやや外側が先に触れるような着地ができると、踵は後方から見て、直線的かやや外側にはずすことができます。この動作によっていわゆる本来のキックができ、重心の移動速度が増し、リリース後に脚は後方へ不必要に流れることなく反射的に前方向に振り出すことが可能となります。

※野球トレーニング革命('99.12出版/P224より抜粋)

踵から第4指に向けたバーと、その左右両端、計3本のフラット部と傾斜部を併せもつ構造から形成されるビモロバー。

足の第5指(小指)、第4指(薬指)、第1指(親指)の動きを合目的的に誘導し、本来、体重の数倍に増す、着地時の負荷(荷重)の方向性を変えることで、自然に衝撃を分散すると共に、足底のアーチを保護し、理想的な足圧の移動を誘導し、合理的な歩き方をガイドします。

BeMoLoスパイク, BeMoLoシューズ, BeMoLoランニングVeLo:使用選手情報

MLB/メジャーリーグ
イチロー 選手
【マイアミ・マーリンズ】
青木 宣親 選手
【サンフランシスコ・ジャイアンツ】
NPB/日本プロ野球【中日ドラゴンズ】
・山本 昌広 投手
・岩瀬 仁紀 投手
・山井 大介 投手
・朝倉 健太 投手
・吉見 一起 投手
・田島 慎二 投手
・野本 圭 選手【北海道日本ハムファイターズ】
・中嶋 聡 コーチ兼任選手
・大野奨太 選手
・乾 真大 投手【千葉ロッテマリーンズ】
・伊藤 義弘 投手
【オリックス バッファローズ】
・駿太(後藤駿太) 選手【西武ライオンズ】
・米野 智人 選手
CPBL/台湾プロ野球【統一7eleven LIONS】
・潘 威倫 投手 ・高 健三 投手 ・林 岳平 投手 ・藩 威倫 投手
・高 國慶 選手 ・周 廣勝 選手

アスリートたちの反応

山本投手は、身体を守るために、どんな時もビモロシューズ使用なのですが、ビモロスパイクを『履いている方が楽なスパイクと初めて出会いました。バネが生まれるーを感じ、ずっと血流が高まっているのが分かります。

足、腰が楽です。ですから、肩がずっと良く回ります。随分、話題のようです。他球団の選手、コーチからも今年ボールが凄いのは、そのスパイクが関係しているの?の質問を沢山受けます。球団への問い合わせも多いようです』

片足270グラムで、試し履きの段階でイチローも「これは凄いですね」と驚きを隠せなかったという。

山本昌投手「ワールドウィングエンタープライズのB.M.L.T.生命医科学研究所ではここまで研究されているのですね!素材や製作精度が、この顕微鏡でよく分かります。ビモロシリーズ、私のビモロスパイク、ビモロランニングVeLo…凄いです。感動が新たです。」

吉見選手がスパイクを履いた途端、『凄いです!スパイクとは思えない感触です。まるでビモロシューズを履いているかのような柔らかい感覚の中で、ぐらつくこともなく、軸足がピタリと決まります。』

そのまま走って、そして投球を重ねて、ニコニコの吉見選手でした。

Twitterでも話題に

イチローがアシックスのスパイクから、ビモロと言うメーカーのスパイクに変えたそうですね。調べて見ると中日の山本昌などが使用しているそうですが。 イチローは今までアシックスを使用していただけにちょっとビックリしました。(^_^;) pic.twitter.com/19rF1V311B

ミズノの白いバットに赤いミズノのグローブ、ビモロのスパイク。見慣れるまで時間がかかりそう( ;´Д`)ビモロのスパイクは今年から流行るかな? pic.twitter.com/ToAiVpLSvu

ワールドウィンってメーカーのビモロってシューズ、昨年ぐらいから山本昌や岩瀬が使い出して中日で流行り出したんですよ。これはビモロ売り上げ伸びるぞ〜!ランニングシューズはどんなもんか試しに履いてみたいな〜。 pic.twitter.com/0M7ChJmBC3

NEWビモロで近所をウォーキングo(^▽^)o あぁ~ワールドウィングでトレーニングしたい‼ pic.twitter.com/0SDQJeVB

1